ハイカラさんが通るのヒロイン、花村紅緒。物語のスタートでは17歳の女学生ですが、どうも彼女は父親1人で育てられたせいか、男勝りでお転婆、じゃじゃ馬、剣道得意でも女性らしいことは全部苦手で、家事(料理、裁縫、洗濯)はからきしダメ、成績も芳しくありません。

母親を早くに亡くし、甘やかされて育ったのか、やりたい放題の彼女は父親やばあやのいうことなど全然聞きません。

幼馴染の藤枝蘭丸からは、好きだということを打ち明けられ、驚く紅緒でした。紅緒は蘭丸と弟のようにしか見ていませんでした。

でも紅緒はいささか大胆な行動を起こす女性でもあった、と言えます。少尉との突然の縁談を破談にする為に蘭丸と駆け落ちしたり、その最中に出会った牛五郎と喧嘩して勝ったはいいものの、親分・子分の間になったりしました。

居酒屋に行って初めてのお酒を口にした時も、誰もが手が付けられないほどの酒乱に豹変するなど、紅緒には何処にも女らしさを感じません。でもこういった紅緒ですが、彼女は何故かもてたんですね。

容姿や顔立ちだって「ちんくしゃ」の印象を与えるくらいでしたから。ちんくしゃは醜いという意味がありますが、やはりここは少女漫画、紅緒は可愛い主人公でした。

さてちんくしゃ紅緒がどうして周囲の男性にモテたのか、この理由って一体何でしょうか?普通女の子は可愛くて性格がよいとモテると言われます。でも紅緒は見かけは美人ではありません。寧ろ親友の環こそが美人で、公家の生まれで上品、モテてもおかしくありません。

でも紅緒は男勝りの気立てから、芯の強い女性です。それに1つのことには真剣に取り組む姿勢が見られます。

例えば婚約者の少尉が一時戦死と伝えられた時には、母の形見の白い喪服に身を包み、決して少尉以外の男性とは結婚しないと固く心に決め、伊集院家を守ろうとします。父から言い渡された軍人の妻になるからには他の男性を決して愛さないという忠誠を誓ったのです。

少尉のいない伊集院家を守るために、紅緒は冗談社に就職し、編集長の青江冬星と出会い、編集記者として一生懸命働く職業婦人となります。

幼馴染の蘭丸は男勝りで頼りがいのある紅緒に対しては、本当に小さいときから彼女に思いを寄せていました。

少尉はお転婆でどうしようもない所が見られる紅緒を見る反面、最初から婚約者だと分かっていたので、やはり紅緒のことは出会った時から好意を寄せていました。少尉は環のようなお嬢様育ちの女性よりも、どちらかといえばお嬢様離れそのもので、元気で勝気な女性がタイプだったのかもしれません。ですから紅緒は丁度少尉好みのタイプだったんですね。

編集長の青江冬星は仕事にひたむきな紅緒に徐々に魅かれていき、婚約者が死んでいたことをよかったと心底思っていました。

少尉の部下鬼島も紅緒に一時は魅かれましたが、最後の方では紅緒の親友・環の愛を受け入れました。

こうすると紅緒は4人の男性からモテたわけです。男勝りで女らしくなくても、芯が強く、どんなことが起きても常に冷静でひたむきになるよい面があるので4人の男性たちはそんな紅緒の隠れた良い面を見出していたんでしょうね。

やはり見かけより中身で、紅緒はモテたのです。