恋愛漫画レディ・ジョージィ!当時としては過激な物語だったか?

いがらし先生の代表作としてもう1つ恋愛漫画の「レディ・ジョージィ」があります。これは「キャンディ・キャンディ」とはまた違ったラブロマン溢れる作品でもありました。

井沢満氏が原作で、この漫画の主人公・ジョージィはオーストラリアで兄2人と母の4人家族で暮らしていました。ジョージィの暮らす家は牧場を経営する所で、父亡きあと兄と母と一緒に牧場を切り盛りしてきました。

ジョージィの腕には見事なブレスレットがついていました。亡くなった父がいつも身に付けて置くようにとジョージィに言い聞かせていたのです。でもこのジョージィのブレスレットはある重大な秘密が隠されていました。

でもそんなこととは知らずに、ジョージィは兄のアベルとアーサーと仲の良い兄妹として、オーストラリアの大地を駆け回っていました。

でもアベル、アーサーの母はジョージィにはいつも冷たく当たっていました。ジョージィはそんな母の態度に対して悲しく思っていました。

ジョージィが14歳、アベルが17歳、アーサーが16歳に成長した時、2人の兄はジョージィを妹として見なくなってきました。美しい女性へと変わっていくジョージィにアベルもアーサーも妹から1人の女性として愛するようになってしまったのです。母は2人の息子がジョージィを愛するようになるのが一番不安要素でもあり、だから彼女に対しては優しく接することが出来ませんでした。

ジョージィは実はイギリスから渡ってきた流刑囚の子供で、嵐の中、流刑された夫(ジョージィの実の父)を追って妻が赤ちゃんのジョージィを抱いて追いかけていた時、運悪くカミナリが落ちた木の下敷きになり亡くなってしまいました。その時、拾ったのがアベルとアーサーの父だったのです。

母は流刑囚の子供を育てることに猛反対しましたが、父は「この子は神様がお与えになった私達の子供だよ。」と実の娘としてジョージィを育てることにしました。ブレスレットはジョージィの実の母の形見だったんですね。

特にアベルはジョージィに対して、妹以上の激しい愛を抱き、誰にもジョージィを取られたくない思いが強くなっていきました。でもジョージィがイギリスから来たロエルと恋に落ちたことを知った時には怒りと共に激しい嫉妬心で、それをめぐってアーサーと喧嘩してしまいました。

2人の息子がとうとうジョージィを愛してしまったことに激しいショックと怒りを感じる母は、もうジョージィを追いだすことしか頭にありませんでした。そしてとうとう我慢が爆発、ジョージィに「お前はうちの子じゃない、お前の父は流刑囚なんだ!」と出生の秘密を明かしてしまい、激しいショックを受けたジョージィは皆に迷惑はかけられないと自ら出生の秘密を知るため、イギリスへ行ってしまいました。

それからのジョージィのイギリスでの運命は過酷なものでした。

ですがこの漫画を見ていて、恋愛ストーリーだということは分かりましたが、ロエルとジョージィのキスシーン、とても10代とは思えないラブシーンは当時としてはとても過激だったのではないかと思われます。ロエルと別れた後、ジョージィはアベルの愛を受け入れますが、今まで兄として一緒に暮らしてきたのに、急に1人の男性として見るなんて果たして出来るでしょうか?普通だったら出来ないはずです。

しかもアベルの子供を妊娠するとは!原作では急展開するも、結局ジョージィもキャンディと同じく好きな男性とは結ばれることは出来ませんでした。実の父に会えることは出来ましたが、ジョージィの運命はアベルの命さえも奪ってしまうほどの過酷さでした。

詳細は原作漫画を読んでいただくとお分かりになります。

お転婆少女キャンディ!もしアナタの傍にいたら友達になる?

キャンディ・キャンディの主人公キャンディは実にお転婆で勝気な女の子です。こういった元気で活発な女の子がアナタの傍にいたら?如何ですか?お友達になりますか?

私だったらキャンディみたいな女の子とは是非お友達になりたいです!キャンディはお転婆であっても、常に明るさを失わない、前向きな女の子です。どんなことにあっても決して負けない、持ち前の明るさで決して折れることはありません。

意地悪なニールやイライザに対しても、負ける気はなく、常に対抗していましたからね。
寧ろキャンディのその勝気な性格に負けていたのはニール、イライザ兄妹の方だったと言えます。しかしあの兄妹の陰湿なイジメは許せませんでした。特にイライザって本当に性格が根っから悪い、腹黒かったので、アンソニーやテリィからは全く相手にされなかったんでしょうね。(笑)

性格の悪い女の子は絶対に男の子が振り向くことはありません。イライザはそういう自分に全く気づいていませんでした。でもお金持ちの女の子には変わりなかったので、容姿はよかった?のでしょうね。→キャンディ曰く、イライザに対して「すごくきれいになった」のコメントがありました。

キャンディは意地悪な人間はまともに相手にしていないところも見られました。これは実にいいことです。嫌な人は関わらない、無視!ってところがいかにもキャンディらしかったと思います。

そしてアニーやパティとの友情を大切にするのも、キャンディの性格のいい所です。キャンディは思いやりの深い部分も持っています。その理由はアニーが一時期孤児院出身のことを必死に隠していたことを察して、ちゃんとアニーの気持ちを理解していたからです。

でもアニーはキャンディと比べるととっても人目を気にする女の子でしたので、寧ろアニーにとってキャンディのような友達は心強い存在と言えます。だってちゃんとリードしていく能力がキャンディにはありましたから。

パティにしてもそうです。パティが学園内で秘密に飼っていたカメを院長に見つかってしまった時には、キャンディは勇敢にもパティを庇って院長を説得していましたから!でもそれが度が過ぎると「がんこばばあ!」と発してしまい、院長を怒らせる大失敗などもしでかしています。

養女にしてくれたウイリアム大おじさまに対しては、感謝の気持ちを決して忘れず、いつも手紙を書いていました。事故で記憶喪失になって病院に運ばれてきたアルバートさんを必死に世話して、その後いつも感謝していた大おじさま、そして丘の上の王子さまだったことにキャンディはさすがに驚いてしまいましたね。

でも明るくて、常に前向きなキャンディであっても、好きな男性と結ばれることはありませんでした。これがキャンディの悲劇的なヒロインとして言えます。初恋の人アンソニーは落馬で命を落とし、テリィは事故の責任を感じて、自分に愛を寄せていたスザナを受け入れてしまったため、別れてしまいましたし…!!

最後の意地悪ニールに思いを寄せられたキャンディもさすがに迷惑してましたね。ニールはストーカー行為をしてたと言えます。しつこくつきまとってましたから。現実ならもう警察相談ですよ、まさしく。

キャンディは本当に性格のいい女の子です。現実にもしいたら本当にお友達としてリードしてもらいたいです。

テリィともし結ばれていたら、素敵な奥さんになって可愛い赤ちゃんを誕生させていたことでしょう。

今でも語り継がれる名作キャンディ・キャンディ!人気の秘密とは?

現代でもいがらし先生の代表作「キャンディ・キャンディ」の人気は衰えてはいません!平成生まれの人達でもこの作品はよく知っています。両親の影響でしょうね。ですがこの作品は私も大好きで、単行本は勿論今でも保管してあります。

主人公キャンディは、赤ちゃんの時に孤児院ポニーの家に拾われて、2人の先生が母代わりとして育っていくという話からスタートします。

その後キャンディは同じ日に拾われたアニーと姉妹の様に育っていきますが、アニーがお金持ちの養女になって引き取られ、暫くは手紙のやり取りをしていましたが、アニーから一方的な別れを告げられたときには、さすがに泣いてしまいました。その時に出会った「丘の上の王子さま」に「笑った顔の方がかわいいよ」と言われ、彼女は憧れを抱き始めます。

ですがその後のキャンディは波乱万丈な出来事が待ち受けていました。ラガン家ではニール、イライザ兄妹の陰険なイジメにあって、泥棒にされてメキシコに追いやられるところでしたが、何とキャンディの運命は一転してアードレー家の養女になり幸せになりました。

ですが幸せになれたのもつかの間、初恋の人アンソニーがキツネ狩りの日に落馬の事故にあい、帰らぬ人になってしまいました。悲しみから立ち直るためにキャンディはポニーの家に帰り、ポニー先生、レイン先生の優しさと暖かさに包まれて明るさを取り戻しました。

そしてウイリアム大おじさまの命令により、キャンディはイギリスに渡って寄宿舎学校へ入学します。そこで出会ったテリュース・G・グランチェスターと相思相愛の仲になりました。学園内でもキャンディの生活には波乱万丈が絶えませんでした。でも親友を取り戻したアニーやパティと楽しくやっていく場面も見られました。

次第にテリィに魅かれて行くキャンディに横恋慕したイライザは、陰湿な意地悪をし、キャンディやテリィを罠にはめましたが…!!ですが誤解されたままキャンディを退学させるわけにはいかないとテリィは自ら学園を去っていきました。

テリィを好きになったキャンディもまた、学園を飛び出してアメリカへ渡りました。そしてキャンディは看護師の道を選ぶこととなり、メリージェーン看護学校で勉強を始めます。一方のテリィは演劇の勉強を始めました。

シカゴに移ってからも、キャンディは派遣先の聖ヨアンナ病院で正式な看護師を目指して奮闘します。テリィのいる劇団が1日限りの公演でシカゴにきた時にはキャンディは大事な仕事をすっぽかしてしまいました。仕事より愛を選んだキャンディでした。

シカゴでのテリィとの再会はうまくいかず、結局列車のデッキから身を乗り出すテリィと病院を抜け出して列車沿いの道を走るキャンディが本当につかの間の再会でした。

テリィとの再会後、アルバートさんが記憶喪失となってキャンディのいる病院に担ぎ込まれ、そこからキャンディは恩人のアルバートさんへの看護を必死にするようになりました。

暫くはアルバートさんの世話をしながら、テリィとの文通もうまくいっていたキャンディでしたが、ある日突然テリィと芝居稽古をしていたスザナが芝居照明塔が落ちてきて、テリィを庇ったために、足を切断する女優生命を断たれる大けがをしました。

その責任を感じるテリィの苦しみ…それがテリィとキャンディの間に悲しい結末を迎えることになりました。

スザナもまたテリィを愛していたことを知ったキャンディは、2人のために身を引くことにし、テリィと別れてしましました。その後もキャンディには悲しいことの繰り返し。志願兵ステアの戦死も続きました。

こうして見ますとキャンディは、悲劇のヒロインだったことがよく分かりました。

講談社なかよし!いがらしゆみこの作品は盛り沢山であった!

現代でも活躍されているいがらしゆみこ先生。いがらし先生のデビューされた年は1968年(昭和43年)、高校3年生の時でした。それ以降いがらし先生は沢山の少女漫画を描いていきました。

私がいがらし先生の作品の印象は「なかよし」に掲載が多かったことです。いがらし先生の作品が最初になかよしに掲載された作品は1974年(昭和49年)の「敦子のあしたは」でした。ですがこの頃はまだ私はいがらし先生の漫画は読んだことがなく、殆ど小学館の「小学4年生」~「小学6年生」までの漫画雑誌を読んでいて、いがらし先生の名前は勿論知りませんでした。

私は初めていがらし先生の作品を読んだのは、タイトルが「さなえちゃん」。主人公のさなえちゃんはチビでおしゃまな女の子で、ハンサムな青年に恋をするどちらかと言えば、少女漫画にしては、ギャグっぽかった覚えがあります。

でもこのさなえちゃんは、中学生になってから、友人の持っていた単行本を借りて読んでいました。なかよしのいがらし先生の昔の作品だったことをこの時初めて知りました。

そして本格的にいがらし先生の作品にはまりつつあった作品は「まみむめ見太郎」でした。双子のまみとむめは対照的な性格で、特にむめは引っ込み思案の大人しい女の子でした。その2人に割り込むかの様に登場した少年見太郎。この見太郎は中学生ながらもエッチな少年であり、むめに現代で言うセクハラまがいな言葉を発したことにより、傷つけてしまうストーリーでした。

この作品は少女漫画であっても、少し性的?中学生の思春期をテーマに描かれていました。女の子は思春期を迎えると体が少女から大人への変化期であり、より女らしくなっていくことを教えてくれました。それに加えて男の子はそんな女の子の体の変化に興味を持ちだすことなども描かれていたと思います。

ですからいがらし先生は、なかよしの常連漫画家として活躍されていたと思われます。

「さなえちゃん」や「まみむめ見太郎」の作品を読んだことで、ますます私はいがらし先生の作品の魅力にはまっていきました。

何だかいがらし先生の描く絵がらには特徴があります。ペンタッチが太いことと、少女漫画であってもちゃんと1コマ1コマに背景があることです。通常少女漫画って、バックが白くて背景がないことが多く見られました。

そしてこの後にいがらし先生はあの名作「キャンディ・キャンディ」の連載開始をします。原作者は水木杏子先生。「キャンディ・キャンディ」の連載開始は1975年(昭和50年)でした。しかし、私はまだその「キャンディ・キャンディ」が非常に人気になることはまだ知る由もありませんでした。

私自身、小さいころから絵を描くことが大好きで、よく広告の裏に描きまくってました。ですから母が私が絵好きなのをよく知ってましたので、新聞に入ってくるチラシの裏が白いのを探しては別の場所に移してくれたものです。

さて「キャンディ・キャンディ」の存在を知ったことにより、私の少女漫画好きはどんどん進んでいきました!

1 8 9 10