フランス王妃マリーアントワネット!周囲は悪女だらけだった

フランス王妃マリーアントワネットは、14歳の時生まれ故郷のオーストリアから、ルイ16世の元に嫁いできました。でもこの結婚はマリーアントワネットの母親のマリアテレジアがオーストリアとフランスの関係を良くするための政略結婚として計画されたものでした。

ですからマリーアントワネット自身、恋愛も何も経験なくいきなりフランスに嫁がされたことで、夫となったルイ16世には愛情など湧きませんでした。

愛情のない結婚とは、果たして幸せになれる保証があるのか?とアントワネットは戸惑いを隠せませんでした。そしてルイ16世との結婚後すぐに彼女はある女性との対立が待ち構えていました。

それはルイ15世(ルイ16世の祖父)の侍女を務めるデュ・バリー夫人との対立でした。デュ・バリー夫人はオーストリアからフランスに嫁いできたこのアントワネットのことを快く思っておらず、漫画の中では「生意気な赤毛のチビ」と呼んでいます。

ルイ15世の侍女を務める彼女は、アントワネットに対して、激しい妬みと憎しみを抱いていました。そしてルイ15世がいる限り、何でも自分の思い通りになると思いこんでいました。

一方のアントワネットもこのデュ・バリー夫人の性格の悪さ、ルイ15世にお使いする侍女としての存在を疎ましく思っていました。ですから2人は本当に仲が悪かったのです。

宮廷内で貴族の婦人たちが集まる会合の席で、デュ・バリー夫人には自分からアントワネットに声をかけることは一切禁じられており、アントワネットは非常に彼女を嫌って、絶対に声掛けすることをせず、無視し続ける有様でした。

自分に対して無視を続けるアントワネットを憎むデュ・バリー夫人はルイ15世に「陛下、何とかしてくださいな!」とお願いします。ルイ15世はこの対立にほとほとあきれ果て、そしてオーストリアの母マリアテレジアからもいい加減この対立は止めるようにアントワネットに忠告してきます。

母の忠告を渋々受け入れることになったアントワネットは、デュ・バリー夫人にとうとう声掛けをすることとなりました。これは宮廷内に集まった貴婦人たちの全注目を集めました。ですがアントワネットは急きょ「さあ、皆さん!国王陛下をお待ちしましょう!」と彼女の声掛け直前に言い放ち、そそくさと退場しました。

ますます怒りを募らせたデュ・バリー夫人でしたが、その後ルイ15世が天然痘を患ってしまい、看病します。ですがルイ15世の天然痘はますます悪化、そして亡くなると、ルイ16世が国王の座に着き、アントワネットも正式にフランス王妃になりました。

ここでデュ・バリー夫人の権力は衰えていき、彼女は修道院へ行く命令が下されてしまいました。フランスの貴族の世界は何とも複雑でよく分かりません。

それからアントワネットと深く関わったもう1人の女性ポリニャック伯爵夫人がいます。ポリニャック伯爵夫人はアントワネットのお気に入り兼親友として、王家の宮殿の出入りを許され、取り巻きの1人となります。

ですがこの婦人、アントワネットの相談相手は上辺だけで、実は何も知らないアントワネットの心を利用して賭博を進めては多額のお金を巻き上げるなどの危険な女性でもありました。

オスカルがアントワネットにポリニャック伯爵夫人との付き合いを辞めるように忠告しても、彼女は言うことを聞かず、今ではポリニャック伯爵夫人の言いなりになってしまいました。

そしてポリニャック伯爵夫人は、アントワネットにお使いするオスカルの存在を邪魔に感じ、密かに殺そうと計画するなどもしています。

実にアントワネットの周囲は悪女だらけだったのです。

お互い好きと認めたマヤと真澄!今後この2人はどうなるの?

大都芸能の若社長速水真澄は、冷徹人間で、どんな手段もいとわない男性でした。幼少時代に速水家の養子とされ、母が他界後継父により、大都芸能の一員としての教育を厳しく受けてきました。

血のつながりのない継父から愛情を感じたことのない真澄は、人を愛することなど全くせず、仕事一筋に生きてきました。まずは継父より先に紅天女の上演権を取ることと、常に大都芸能の代表として誇り高くやっていくことが真澄にとっての最大の目的でした。

それがマヤとの出会いで、真澄の気持ちが一変します。初めての舞台で40度の高熱を押してまで演技したマヤを見て、「何故そんなにまでして出来るのだ?俺の今までやってきたこととは一体何だったのか?」と自己啓発をします。

まだ素人同然のマヤが真剣に演じる姿に感動した真澄は、照れながらも紫のバラをマヤに隠れて託し、「あなたのファンより」とメモに書き示します。「この俺が女性に花束を送るだと?」この瞬間から真澄は、冷徹人間から優しい一男性と変化していきます。

劇団つきかげと劇団オンディーヌが張りあってる最中に、マヤは真澄に「冷血人間!」と憎まれ口をたたくようになり、また真澄もマヤのことを「チビちゃん」と呼んでからかうのでした。

ですがマヤがピンチに追い込まれると、真澄は何とか彼女を救おうと、いつも紫のバラを送っては励まし続けてきました。このことを知っているのは秘書の水城冴子です。冴子は早くから真澄がマヤのことを愛していると見抜き、彼は最初はそれを否定していました。

ですがマヤがまだ会ったことのない紫のバラの人に感謝しつつも、いつも自分の舞台を見ててくれるたった1人のファンとして大切に思っていることを真澄は知っています。

学費が出せないマヤのために、高校に通わせたり、演劇の稽古場に自分の別荘を提供するなど真澄は相変わらず彼女を援助し続けます。紫のバラをマヤに送り続けることによって、真澄自身もこれがマヤへの愛だと段々自覚するようになりました。

ですがマヤが大都芸能経由でテレビドラマに出演し、もっと有名にしたいがためにマヤの行方不明の母の居所を突き止め、部下に命令して院長に金を握らせて、マヤの母を監禁してしまいます。ですがこれには裏があり、マヤが新しい舞台に立つまで母の耳には一切入れず、こけら落としに感激の再会をさせようといった魂胆がありました。

ですがその秘密を偶然マヤの母に知られてしまい、抜け出した後、事故で亡くなってしまう最悪の事態を招いてしまいました。さすがにマヤの母を死なせたことに真澄は激しい罪悪感を感じ、誤解から芸能界追放されたマヤを何とか助けようと何度も舞台に立たせようとしましたが、ダメでした。

一方のマヤですが、自分の母を殺したのは真澄だと一時は彼に対して激しい憎しみを抱きましたが、優しい表情をしたりする所を見せる彼の気持ちが分からなくなりました。それから暫くして真澄に縁談話が持ち上がることを聞いたマヤは何故か動揺し、真澄に真相を確かめるために電話をしてしまいます。

「どうかお幸せに!」マヤは何故真澄に対してこんなことを言ってしまったのか不思議な気持ちになります。そしてお見合い相手の鷹宮紫織との交際が始まるのを見て、マヤは今までとは違う目で真澄を追うようになります。

「まさか、俺に嫉妬している?」と気づく真澄でした。そして紫のバラの人が真澄だと気づいたマヤは今まで自分を助けてくれたことが彼の自分への愛情だったことが分かりました。

お互いに好きだと認めたこの2人。今後どうなるのでしょう?これは美内先生にしか分かりません。私が分かったら完全にネタバレです。(笑)

一度も恋をしたことがない?姫川亜弓の意外な素顔とは

マヤの最大のライバル姫川亜弓は、家庭環境にも恵まれ、劇団オンディーヌの花形として女優らしき誇りをいつも持っていました。ですがマヤの自分にない優れた才能に嫉妬感を感じつつも、意外にもマヤに対しては理解があり、紅天女を巡っては互角に戦っています。

常に両親の七光りであることを嫌い、母と自分は同じ女優であっても全く別であることを周囲に主張してきた亜弓ですが、マヤの出現によってますます彼女は女優の修行に熱が入っていきました。

亜弓はマヤの恋仲となった桜小路君と同じ劇団員であっても、やはり仲間としてでしか割り切っておらず、付き合ったことはありませんでした。

一刻も早く自分の母親を超えた女優になり、ライバルのマヤから紅天女の座を奪って見せる!と張り切っている亜弓です。

ところが亜弓って本当の恋をしたことが今までなかったことを皆さんはご存知ですか?確かに亜弓はマヤと違って美人で勉強もよく出来、料理も得意、演技は一流並み以上と、非の打ち所のない彼女です。

ですが亜弓は異性との交際経験が一度もありません。

丁度マヤと同じ頃にテレビドラマ「虹の記憶」で亜弓は記憶をなくした少女の役をやっていました。そこで彼女の弱点があることに気づいた人間がいたのです。それは亜弓とドラマで共演していた無名の俳優です。

ロビーでたまたまその俳優が「姫川亜弓の目に色気がない。あれは恋をしたことのない目だ。」と女性と話しているのを亜弓は聞いてしまいます。そして大きなショックを受けます。「私の弱点を見抜かれてしまった!」と彼女は焦ります。

そして恋をすることはどういうものなのか?と亜弓は演技を通じて学んでいきます。異性を好きになったことのない亜弓にとっては難しい課題でもありました。そこで通行人程度の平凡な役の男性に声をかけて、付き合うようになります。

そして恋をする、男性を好きになるのはこういうものか~と亜弓は感じ取っていきます。そして段々亜弓は演技に磨きがかかり、輝いていきました。共演していた俳優も「姫川亜弓は恋をしている!」と感じ取ります。

でもそれは単なる演技上で亜弓が学んだだけのことで、やっぱり彼女は本当の恋を知りません。これは意外な亜弓の素顔とも言えます。

マヤは恋多き少女なのに、亜弓は恋をしたことがないとは…容姿に優れているのに何故彼女は男性を好きになれないのでしょうか?自分が恋したことがないことを亜弓はマヤに打ち明けています。

やはり亜弓は恋愛より女優を優先しているのです。紅天女を演じられるようになるまでは、他のことは頭にない彼女です。

月影先生の元でマヤと共に紅天女をひたすら目指して頑張ってきた亜弓に突然予想もしないことが降りかかってきました。それは稽古中に別の団員が照明器具に引っかかって転びそうになったところを、亜弓が庇って頭を強打してしまいました。

その時は何もなかったかのように思われましたが、稽古から帰ると激しい頭痛と目の異変に気づきます。周囲がぼんやりして何も見えていない…亜弓は大きな不安に襲われます。

病院で診断を受けた結果、亜弓の目は視神経をやられており、すぐに治療しないと失明の危機だと医師から言われます。ですが亜弓には今が一番大事な時で、目の治療をしてるわけにもいかず、紅天女に向けての稽古を続行中です。

亜弓の母はすでに娘が目に異常をきたしていることを知っており、目が見えなくても演技出来るようにコーチしています。

マヤはそのことを知る由もありません。今後亜弓の目はどうなっていくのか、実に物語の展開が気になります。

何かと妬まれることの多かったマヤ!ヒロインは常に危険が一杯!

亜弓と紅天女候補として共に戦うマヤですが、彼女は芸能界入りしてから色んなトラブル、嫌がらせを受けてきました。

「奇跡の人」で亜弓とWキャストでヘレン・ケラーを演じ、新鮮なヘレンを演じたことが評価され、マヤはアカデミー助演女優賞を受賞し、そこから本格的な女優活動を開始させました。

本当の紅天女に近づくためにはまず、テレビドラマに出演し、視聴者がどのように評価するのか大女優への第一歩だと月影先生に教わります。

大都芸能に入ったマヤはテレビの大河ドラマに出演が決まり、題名は「天の輝き」。その中で元気な伯爵令嬢の役を与えられます。どんな役作りをすればいいのか悩むマヤでしたが、テレビで番組が始まるとマヤの人気はまさしくうなぎ上りになり、女優として一躍有名になります。

一方のライバル亜弓もドラマに出演し、母親とは違った女優への道を歩き始めます。マヤと亜弓はテレビ女優としてますます比べられることになります。

マヤの人気が高まる中で、陰で彼女を妬む人間が次々と続出し、嫌がらせが始まりました。天の輝きの撮影で、パイを食べるシーンがあり、それを口にしたマヤは口を切ってしまうけがをします。パイの中にはガラスの破片が入っており、一つ間違えばマヤは声帯をやられるところでした。

それから雨の中を走ってきて入室するシーンでも、マヤへの嫌がらせが続きました。何者かがスタジオの天井付近に水を入れたバケツを仕掛けて、マヤがドアを開けるとバケツに引っかかり、上から水がこぼれてマヤはびしょぬれになってしまいます。

でもマヤはとっさにびしょぬれのまま撮影を続けて欲しいと申し出。すると本当に雨の中を濡れて入って来た感情が返ってよく伝わり、何とか撮影は成功させました。

そして若い青春スターの里美茂とドラマで共演したことがきっかけで、マヤは彼に恋をします。そして里美もまたマヤを好きになり、公で交際することになりました。それを妬んだ里美のファンの親衛隊(どうも不良っぽい女の子が多かったですね。)にマヤは襲われ、殴る蹴るの暴行をうけてしまいます。運よく真澄に発見され、助けられたものの恐怖におびえるマヤでした。

マヤがドラマ出演している最中に、九州から乙部のりえという少女がマヤに憧れて上京し、馴れ馴れしく接近してきました。マヤは「のりさん」と呼んで、世話係をさせていました。ですがこの乙部のりえこそが、マヤを芸能界から追放しようと企んでいた張本人だったのです。

見かけは田舎臭い少女として変装し、中身はとても美少女だという素顔をひたすら隠していました。「マヤに隙があったら、その時私がとってかわってみせる!」

のりえの企むマヤの隙は本当にやってきました。それはマヤの母の死。大都芸能にマヤの情報を一切知らせないように、療養先の院長に金を握らせ、マヤの母は監禁されていました。これは真澄の企みでした。

真澄の計画によれば、母を世間から隠すことでもっとマヤの知名度を上げ、舞台挨拶のこけら落としに「マヤと行方不明の母、感動の再会!」になるはずだったのですが!

たまたま薬を貰いに行こうとした母が、大都芸能の部下と院長がマヤの話を耳にしたため、病身のまま療養先の病院を抜け出してしまいました。失明した母はマヤが大スターになったことを喜びつつ、東京に向かいますが途中で交通事故にあい、映画館に入りマヤの演じる声を聞いてそのまま息を引き取ってしまいました。

悲しみに突き落とされたマヤは、のりえの企みにまんまとのせられ、自暴自棄になり舞台をすっぽかすといった事態になってしまいました。

こういうわけでいかに芸能界が裏では怖いかが思い知らされました。

1 2 3 4 10