紅緒の幼馴染蘭丸!役者根性あるのか、実に行動的な女形さんである

紅緒の隣りの家に住む藤枝蘭丸は、歌舞伎役者を目指していました。彼も紅緒と同様に母親を小さいころに亡くし、紅緒が蘭丸の母親の代わりとして得意の剣道などで蘭丸を鍛えようとしていました。お転婆で男勝りの紅緒とは幼馴染ではありながらも、蘭丸はそんな紅緒が好きでした。いつか結婚出来るのではないかと思っていました。

でも結局は片思いにしかすぎず、紅緒の縁談が決まるとさすがに大ショックを受けてしまいます。ですが女性心のある蘭丸、役者根性からして結構行動的な女形さんです。

紅緒と「駆け落ちしましょう!」と大胆発言します。紅緒はまさか蘭丸が自分を好きで、愛していたなど夢にも思っていませんでした。渋々蘭丸のかけおちに同行するも、でも蘭丸の思っていたような駆け落ちにはなりませんでした。

駆け落ちの途中で、車引きの牛五郎と紅緒が喧嘩となり、負けた牛五郎が紅緒を親分と呼ぶようになり、居酒屋で駆け落ちどころか返って紅緒に酒の味を覚えさえ、酒乱にまで発展させる羽目になってしまいました。

そこで偶然居酒屋にやってきた少尉と逢い、蘭丸は少尉に対して「僕は紅緒さんが好きだ!」と恋敵宣言をします。

暫くして紅緒が伊集院家へ見習い花嫁として「すぐに追いだされて帰るつもり。」と言ってなかなか戻らない彼女を心配して、ここでも蘭丸は大胆行動に走ります。それは伊集院家のメイドとして乗り込んできたのです。

紅緒の気持ちが少尉に行かないように、牛五郎と騒ぎを起こす蘭丸です。彼は本当に小さい時から紅緒一筋だったんですね。髪型まで洋髪に変え、こういうときこそいかに女形型役者が役立つと張り切る蘭丸でした。

ですがメイドに化けていても、とうの少尉にはすでにバレバレでした。それに少尉は紅緒が蘭丸のことを好きじゃないことも分かっていましたから、周囲には何も言わなかったんですね。メイドの蘭丸が実は男だと言うことを。

でも酒場で印念中佐と喧嘩になった時、紅緒が危険にさらされそうになって蘭丸は勇敢にも「紅緒さんに何をする!」と喧嘩相手に立ち向かっている所も見せています。女形さんでも好きな女性を守ろうとする男性の本能が蘭丸にもあったんです。結局は突き飛ばされてけがをしてしまいましたが。

でも少尉が運悪く転属でいなくなっても、蘭丸は引き続きメイドとして伊集院家に居座り続けます。でもそんな紅緒を見ているうちに蘭丸は女性の心から、紅緒が少尉を心から愛していることに気が付きます。そして少尉の戦死の公報が入った時、紅緒を助けたい!と懇願しますが、紅緒の説得により、家に戻って役者修行に戻りました。

それでも蘭丸はやはり紅緒の手助けをし続けていました。一度は死んだと思われた少尉が記憶喪失により、サーシャミハイロフ公爵の身代わりとされ日本に来たときには役者本能からか、少尉とすぐに見破っています。

その後はヨーロッパで歌舞伎役者公演のため、出番はありませんでした。帰国後、紅緒が少尉に愛想をつかして伊集院家を出て、実家に戻ってきているのを知り、その原因がラリサであることを話すと、「なんで簡単に諦めちゃうの?取ってもいいんじゃない!」と説得します。この時の蘭丸は何とも男らしいです!素晴らしい!

蘭丸には紅緒が少尉を激しく愛しているのをもう分かっていて、諦めました。ですが紅緒の間違った判断にはちゃんと抗議するなど、本当に蘭丸は紅緒のことを真剣に思っていたことがよく分かりました。

心は女性的でも男らしさを見せてくれた蘭丸でした。ですが彼は余りにも考えだしたことをすぐに行動的に移すなど本当に大胆すぎる所が多かったとも言えます。

少尉の上官・印念中佐!彼こそ物語の一番のトラブルメーカーだ!

はいからさんが通るの物語の中で、実に厄介なそして一番のトラブルメーカーと言えば、少尉の上官の印念中佐ではないでしょうか?

印念中佐は、紅緒の父の花村少佐の上官でもあります。この印念中佐は名前のごとく、とても腹黒い性格、一度恨むとなかなか忘れることをしない何とも執念深いというか、しつこい男でもあります。

居酒屋で紅緒と牛五郎、蘭丸の3人でお酒を飲んでいたのがたまたま運のつきで、居合わせた印念中佐と酒乱が原因で紅緒は喧嘩してしまいます。

勿論この時紅緒は、喧嘩相手が自分の許嫁少尉の上官、印念中佐とは知りませんでした。駆けつけた少尉によって改めて知ることとなります。「こんなのでも中佐になれるの?へ~え!」とバカにされた印念中佐は紅緒以上に少尉に恨みを抱きました。

笑い上戸の少尉にもバカにされたと錯覚し、陸軍中佐の立場を利用してとんでもないことを考えてしまいます。それは「シベリア出兵」でした。九州の小倉部隊がシベリアへ送られることをすでに彼は分かっていながら、少尉を転属させる策略に見事成功させました。

やっと紅緒と少尉が愛し始めた時に限って、とんでもない突然の転属の命令。紅緒は少尉が転属させられることに酷いショックを受けました。そしてこれをしかけたのが紅緒の父の証言により印念中佐だと分かると、陸軍司令部隊へ抗議しに行った時には、すでに印念中佐は満州へ転属になってしまいました。

彼は紅緒の仕返しが怖くて、わざと満州へ行ってしまいました。

元々少尉のことをよく思っていなかった印念中佐は、本当に怖い人物です。陸軍関係には何でも意見が通り、一度出た命令は取り消すことが絶対出来ないほどの権力の持ち主でもあったのです。

ですが少尉の仕返しには成功出来ても、紅緒の仕返しが怖くて満州へわざと自分で転属になるなんて臆病者ですね!

それにもまして、シベリア出兵になった少尉の部下には「ならず者」ばかりを並べたのも印念中佐のたくらみでした。その「ならず者」には後に部下になる鬼島軍曹が混じっていました。

東京の陸軍将校出身であっても、お金持ちのおぼっちゃん育ちの少尉にはヤクザがらみたちの集まる上官など務まるわけがないと思ったのでしょう。どこまで少尉を落とし入れれば気が済むのか印念中佐!怒りが読者としてはこみあげてきました。

そして少尉が戦死と伝えられて暫くして、紅緒は満州の馬族が九州の元小倉部隊で、もしかして少尉が生きているのでは?と真相を確かめに来ます。そこで紅緒と印念中佐は偶然会ってしまい、「お前は伊集院の許嫁のじゃじゃ馬娘!」と驚きます。

でも印念中佐は、昇格して大佐になっていました。しかし馬族のリーダーは少尉ではなく、部下の鬼島だと分かると紅緒は大ショック!そして鬼島の口から少尉は死んだのだと聞かされましたが…!

最初は鬼島は、満州の陸軍を恨み、村長の娘を人質に取り、身代金を取ろうとした悪事を働こうとしていました。ですから紅緒が人質の交換として乗り込み、彼女が少尉の許嫁だと知ると改心して、印念大佐のいる陸軍に集団で仕返しをします。

印念大佐は、ここでも腹黒いたくらみを考えてました。人質交換になった紅緒をそのまま見殺しにしてしまったのですから…!

紅緒にとって愛し始めた大切な少尉をシベリア出兵にさせた上に、戦死させ、今度は満州へやってきた紅緒を見殺しにするなど、本当に印念大佐は一番のトラブルメーカーです。

紅緒と鬼島の仕返しの後、出番がなくなった印念大佐。悪人はまさしく消えて当然!と言った所ですね。

紅緒の親友の環!少尉に見事失恋、でも意外な男性を好きになった!

女学校時代から紅緒の親友・北小路環(きたこうじたまき)は公家出身のお嬢様で、育ちがよく、紅緒とは正反対の美人、成績優秀の女性です。ですから家事全般は勿論得意で、沢山の男性と交際するなど、紅緒をはじめとする周囲の同級生たちを唖然とさせました。

そんな男性との交際の多い環ではありましたが、実は彼女は小さいころから思いを寄せていた意中の男性がいたのです。それは何と紅緒の許嫁の伊集院忍少尉でした。

環は公家の育ちであっても、近代的な女性であり、「親の決めた結婚なんかまっぴら!」と宣言していました。「好きな男性と結ばれてこそ結婚の価値あり」と彼女の頭の中ではいつもそういう考えであったのです。

ですから紅緒が親の決めた縁談話を環に相談すると、「紅緒じゃ恋愛はね…!」と言いますが、「そんなこと言ってる場合じゃない!」と紅緒の縁談の破談を応援しようとします。でもその紅緒の相手がまさか自分の好意を寄せている少尉とはまだ気づいていませんでした。

一方の環も紅緒に「実は意中の相手がいて、見事に失恋しちゃった。」と打ち明けます。紅緒は「まさか~!」と思いますが、環の好きな男性は一体誰なんだろう?と興味を持ちます。そしてオペラ見学に環が紅緒を誘い、劇場前で待ち合わせると何と!少尉の姿が!

親友の紅緒の許嫁が自分の好きな少尉だと分かり、大ショックを受けた環はその場を立ち去ってしまいました。その後紅緒を避けるようになりますが、紅緒が見習い花嫁ぶち壊し作戦で少尉に愛想をつかされるようにする提案を環に話すと、彼女は紅緒をまた応援するようになります。

その後紅緒が伊集院家へ見習い花嫁として乗り込むと、環は何とか紅緒が縁談を壊すことに成功し、少尉が自分の方へ向いてくれることを願います。ですが肝心の紅緒も段々少尉に魅かれ始め、ときめきを感じるようになりました。

少尉が友人を招いて園遊会を開いた時に、環も招待客で招かれます。紅緒が縁談ぶち壊し作戦に苦悩していることを聞くと、少尉を呼び留めて2人きりで話しをします。そこで少尉が紅緒に対して「この家の古いしきたりを壊してくれるのは彼女しかいないんだ。」と少尉も徐々に紅緒に魅かれ始めていることを知ると、環は少尉の心の底には紅緒しかないと認めて、身を引く決心をしました。

でも自分の好きだった少尉の許嫁が紅緒と分かって、一度は衝撃を受けた環もそんな紅緒の幸せを願うようになり、引き続き親友として付き合っていきます。

女学校卒業後、環は婦人記者となって活躍します。職業婦人になっても相変わらず紅緒との親友関係は変わることなく、紅緒の良き相談相手でもありました。

少尉と同じ公家育ちで幼馴染だった環は、大学進学はせず、ひたすら職業婦人の道を歩きました。元々自由な恋愛をしたがる彼女は新しい恋を目指しつつ、仕事も頑張りました。

戦死と伝えられた少尉が実は、サーシャミハイロフ公爵と名乗っていたことが分かり、物語は意外な展開をしつつも、環は意外な男性に魅かれ始めます。その男性と言うのが、少尉の部下の鬼島軍曹です。

初恋の人少尉とは全然性格の違う、一見乱暴そうに見える鬼島軍曹ですが、実はとても心優しい面があり、一度は紅緒が好きだったことも環は見抜いています。

鬼島軍曹は「バカやろ~!」「なんだと!」と言葉を荒げる所が多いのですが、とてもテレやな男性でもあります。素直じゃないんですね。それでも環は鬼島が好きになりました。

関東大震災後、鬼島は満州へ帰っていくと環は彼を追っていきました。まさしく押しかけ女房です。行動的な彼女です。

キャンディの恩人アルバートさん!彼の隠された多くの秘密とは?

ラガン家を飛び出して、川を下ってポニーの家へ帰ろうとしたキャンディは運悪く滝に落ち、おぼれてしまいました。それを助けてくれたのがアルバートさんです。初めての対面で、キャンディはアルバートさんの人相が余りにも怖くて二度も意識を失いました。

黒髪でひげ面、サングラスをかけてきたない服を着ていたので、キャンディにとってはよほど怖く見えたようです。でも見かけとは違って、とても親切で優しい男性だとキャンディはすぐに分かります。スカンクのプッペがアルバートさんの親友であり、また彼は沢山の動物たちと一緒に古い屋敷に住んでいました。

ですが実はこのアルバートさんは色んな隠された秘密を持っていたことが物語の終盤で明らかになっていきます。

アンソニーが死んだときに悲しみに暮れるキャンディを励ましたり、その後キャンディがイギリスの寄宿舎に入って喧嘩したテリィのために深夜のロンドンへ薬を買いに行ったキャンディと偶然再会するなど何だか謎めいたことが多く見られました。

この時アルバートさんは自分の連れてた動物たちが捕まって、ロンドンおくりになったので、自分も来たとキャンディに話しています。アルバートさんはロンドンのブルーリバー動物園で働いていました。テリィの喧嘩を手助けしたのもアルバートさんで、テリィも彼と親しくなりました。

その後アルバートさんはアフリカへ旅立っていきました。アフリカで彼は自然や動物たちと触れ合っていました。

ここで運命は急展開し、アルバートさんは戦争に巻き込まれ、記憶喪失となり偶然にも、キャンディの勤めている病院へ担ぎ込まれました。病院中ではアルバートさんは悪人ではないかという根も葉もない噂を立てられた上に、病院で十分な看護をしてもらえなかったため、キャンディが記憶喪失のアルバートさんの面倒を見つつ、一緒にアパートに住むようになりました。

でもある日、レストランでバイト中に彼は突然激しい頭痛に襲われながらも、やっと記憶が戻りました。

そのとたんに彼はキャンディから姿を消してしまいました。そして物語の終盤!キャンディがニールとの婚約を取り消すために初めてウイリアム大おじさまとの直談判に行くと!何と椅子に座っていたのはアルバートさん。彼が実はウイリアム大おじさまの正体だったと驚きを隠せないキャンディでした。

何故アルバートさんがウイリアム大おじさまだったのでしょう?それは幼少時代エルロイ大おばさまが早くに両親を亡くしたアルバートさんをアードレー家の総長として教育するために後見人になったのが始まりでした。

まだ幼いアルバートさんを総長にすることは、大おばさまをはじめとするアードレー家のお偉い方だけの秘密とされ、了承されました。ですがアルバートさんはしきたりに縛られることを嫌い、アードレー家を出てしまい動物たちと自由に暮らすことを生きがいとしました。

それで変装してたんですね。でもアルバートさんは、キャンディをいつも陰から見守り、メキシコに売られそうになった時に丁度アンソニー、アーチー、ステアの手紙を読んでキャンディを養女にしてくれました。

ですからキャンディが寄宿舎に入って、大おじさまとしてロンドンに来ててもおかしくなかったんですね。

それにアルバートさんはアンソニーの母の弟であることをキャンディに話しており、アンソニーは甥だったことも分かりました。

そして!キャンディが長い事思い続けていた丘の上の王子さまの正体もアルバートさんでした!

キャンディが出会った時の丘の上の王子さまは、まだアルバートさんが少年の頃で、バグパイプを持って歩いてた時に偶然泣いてる彼女を見つけたのでした。

1 2 3 4 5 6 10