意地悪兄妹ニール&イライザ!性格悪い割にはキャンディに負けた!

キャンディ・キャンディのストーリーの中でヒロイン・キャンディの引き立て役といえば、ラガン家の意地悪兄妹ニール&イライザです。2人の両親はとても甘く、特に母のサラは子供達に対しては大甘でした。

ですからニールもイライザも共に性格が悪い上に、我がままで自分より弱い立場の者をけなす、バカにする、イジメるなど本当にいい所なしの兄妹です。ですが意地悪兄妹の割には、仲が良かったんですね。

そしてイライザの話し相手として、ポニーの家からキャンディを引き取りますが、初めての出会いからもう最悪でした。バルコニーから下にいるキャンディに洗面器で水をかけてびしょぬれにさせたり、ラガン家での暮らしを始めたキャンディに様々ないたずらをしかけては、キャンディのせいにしていました。

そしてイライザはキャンディのことを「くさあい!」そしてニールはキャンディの髪を引っ張ったりするなどイジメはどんどんエスカレートしていきました。でもキャンディはニールと対等に喧嘩して勝ちましたが、ニールのわざとらしい泣き声で、ラガン夫人に叱られたりするなど何とも理不尽な扱いをされました。

その後もイジメは続きます。キャンディがパーティーでアンソニーと踊ったことを妬んだイライザはキャンディを話し相手から使用人にするようにラガン夫人に話します。ラガン夫人もキャンディを甘やかした、これからの対面を考えたらその方がいいと考え、屋根裏部屋から馬小屋で寝起きするように命じます。

キャンディにとっては辛い日々の連続でしたが、彼女は決して負けてはいませんでした。ニールにしてもイライザにしても、さんざんキャンディをイジメてたわりには全然勝てることは出来ませんでした。

一番最初に2人がキャンディに負けたのは、ポニーの家からの手紙を読んでいたキャンディの邪魔をし、丘の上の王子さまの落としたペンダントを取り上げて、キャンディを泣かせてしまいました。が、キャンディがバラの門の前でアンソニーと出会い、元気を取り戻して通りかかるとまたもや2人は「泣き虫がきたぞ~返して返してよ~!」「あんたいつ孤児院に帰るの?」とからかいます。

でもキャンディが自信たっぷりに「帰らない!」と発するとたちまち2人は悔しがりました。キャンディは「これからもくだらない意地悪沢山するだろうな。でもどんな意地悪するのか楽しみ!」と開き直ってしまいます。

それでもキャンディのイジメに懲りない2人は、今度はキャンディに泥棒の濡れ衣を着せてしまいます。しかもエルロイ大おばさま、ラガン夫人の前で自分たちの業と仕掛けた罠なのに、キャンディが泥棒なんだと信じ込ませ、メキシコへ売り飛ばそうとしました。

キャンディを泥棒にしたてたことで、一度は追い出したことに成功したと感じたニールとイライザでしたが、またもやここで負けました。

しかし、ひょんなことからニールはキャンディを意識するようになりました。その理由はニールが街中で不良にからまれていたのをたまたまキャンディが通りかかって助けたからでした。

もしかして自分に気があるのではないか?とキャンディに猛烈に迫るニールでしたが、キャンディに「あなたが大嫌い!」ともろに言われて怒りが込み上げました。ですがやはりキャンディを諦めきれないニールは卑怯な手段で家族を巻き込んで「ウイリアム大おじさまの命令でニールと婚約せよ」と命じさせます。

しかし真実を知ったウイリアム大おじさまの出現で、婚約は簡単に解消されてしまいました。

ニールとイライザはどんな意地悪をしても、常にキャンディには負けていました。結局悪いことをすると必ず後でお返しが来るという証でしたね。

キャンディを愛したアンソニーとテリィ!アナタはどちらがタイプ?

ヒロイン・キャンディは2人の男性を好きになりました。アンソニーとテリィです。アンソニーはキャンディにとっては初恋の人。6歳の時にポニーの丘で出会った「丘の上の王子さま」に瓜二つでもしかしたら王子さま?と錯覚したキャンディではありましたが、実は王子さまとアンソニーは別人でした。

キャンディがアードレー家の正式な養女になれたのは、アンソニー、アーチー、ステアのお蔭でした。3人がアードレー家の総長、ウイリアム大おじさまの心を動かしたからです。

養女になって、急接近するキャンディとアンソニーでした。アンソニーがキャンディに自分の生い立ちについて話します。アンソニーの母ローズマリーは病気がちで、バラの品種が趣味でした。ですがアンソニーがまだ幼いときに母は他界し、その後アンソニーがバラを育てたり、手入れをするようになります。アンソニーの父は1年中船乗りで不在でした。

アンソニー曰く、彼の母の目はキャンディと同じ緑の目をし、子供の頃はそばかすもあったそうです。そうなるとアンソニーがキャンディを愛したのは、母の面影を追っていたことも考えられます。

バラを育てることが上手で、乗馬の腕はなかなかのものです。アンソニーも小さいころから1人ぼっちで寂しい思いをしたのです。ですが運悪くきつね狩りの日に、落馬して命を落としてしまいました。

キャンディを愛したもう1人の男性テリィ。テリィも自分の過去をキャンディに話します。両親と3歳くらいの時にピクニックに行った時のことです。あんまり覚えはないけど楽しかったとテリィは話しました。

その両親がグランチェスター侯爵と女優のエレノア・ベーカーでした。ですがテリィはエレノア・ベーカーの隠し子として常に秘密にされていました。それは母のエレノアがアメリカのブロードウエーで独身美女女優を通し切る、といった理由があったからです。

父グランチェスター侯爵は貴族としての立場があるため、エレノアとは別れてしまいました。そんな父に反感を抱いていたテリィは、イギリスの寄宿舎に入るとたちまち不良少年に。

両親に見捨てられ、孤独を感じるようになったテリィは学園内では不祥事を起こしては、たちまち問題児になってしまいました。ですが院長のシスターグレーはそんなテリィに手を焼きながらも、グランチェスター侯爵に学園の寄付金を出してもらってる以上、何も言えませんでした。

ですがその孤独感を払いのけてくれたのが、キャンディとの出会いでした。最初は喧嘩したり、キャンディの容姿をバカにするなどちょっとアンソニーとは性格が違いすぎる印象があります。

そうなりますとアンソニーは、大人しいけれど隠れたたくましさがある反面、テリィは孤独感がありながらも、本当は野生的な男らしさを沢山持っているので、喧嘩が強く、たくましさがある男性の印象です。

髪型にしても2人は実に対照的で、アンソニーは金髪で、テリィは長髪でサラサラ系。共通点はお金持ちの何不自由のないおぼっちゃま。環境的には、恵まれた生活をしていても、アンソニーもテリィも孤独感があり、寂しい思いをしていたのは間違いありません。

でも彼らはキャンディを心から愛していました。さあ、アナタだったらアンソニー、テリィのどちらがタイプですか?

私個人としてはテリィがタイプです。テリィは男らしくて包容力があり、一度愛した人には一筋って印象があるからです。

アンソニーも実に良かったんですが、彼は残念ながら早くに他界してしまいました。もし落馬で命を落とすことがなければキャンディと結ばれていたかもしれません。

運命のいたずらか、お互い愛し合えても結婚までは至りませんでした。

愉快な兄弟ステア&アーチー!キャンディの良きボーイフレンド達だ

キャンディにとって、心強い味方でもあり、時にはボーイフレンド、そして大きな存在であったアードレー家の一族のステア&アーチーの兄弟がいます。正式名はアリステア・コーンウェル、アーチーボルト・コーンウェルです。

この2人の兄弟はとっても仲が良く、そして従弟のアンソニーとも仲良しでした。アンソニーと3人スコットランドの衣装に身を包み、バグパイプが吹けます。元々アードレー家はスコットランド系だと言われています。

まず弟のアーチーがキャンディと出会ったきっかけは、アーチーがステアの作った水の門の船で昼寝をしていた時に、キャンディが誤って門の留め金を引いてしまったことでした。

アーチーが「ボートが流されちまう~早く投げ縄取ってくれよ!」とキャンディに叫び、縄を見つけたキャンディがアーチーめがけて投げると見事に的中しました。

アーチーはとてもおしゃれな青年で、シルクのブラウスを濡らしたくなかったので、わざと泳がなかったのです。アーチーは一目でキャンディを気に入り、手にキスしたり、投げキスをしたりするなどなかなか見せてくれるではありませんか。

兄のステアがキャンディと出会ったのは、たまたまキャンディがニールとイライザの意地悪によりわざと置いてきぼりにされてしまい、「あ~、今日は黒星!」とキャンディがつぶやくと、「何が黒星なんだい?」といったことでした。ステアに車で送られるキャンディでしたが、ステアの車は途中でめちゃめちゃに壊れてしまい、2人は湖に落ちてしまうといった愉快な結末でした。

その後ステアとアーチーはキャンディと親しくなっていき、好意を寄せて行きます。ニールとイライザの意地悪に対しても2人はいつもキャンディの味方で、一時キャンディが行方不明になった時も必死に探すなど、なかなかできることではありません。

兄のステアは発明好きな青年で、いつも愉快なものを発明しては、周りを笑わせてくれました。でも彼の発明品はいつも失敗作ばかりで、弟のアーチーやキャンディをあきれさせていました。

でもステアは発明品が失敗であっても、別に落ち込むことなく、いつも笑って「また新しいのを作ってみせるさ!」といつも前向きでした。

最初はステアもキャンディに恋心を抱かせていましたが、後にイギリスの寄宿舎でメイフェスティバルが行われた際に、パティと出会い、お互いに恋仲となりました。

でも一方のアーチーは、ステアと比べたらキャンディに対しては激しい恋心があり、アンソニーの死後ますますキャンディを好きになりました。というのも、アニーが自分を好いていることを分かりつつも、どうしてもキャンディへの思いが強まるばかりで、テリィとキャンディが仲がいいのを見た時にはさすがに嫉妬してしまいました。

でもキャンディがテリィを愛し始めたのを確信したアーチーは、やはりまだキャンディが好きだと思いつつも、自分に思いを寄せていてくれたアニーを受け入れることにしました。

ステアにはパティが、そしてアーチーにはアニーといったそれぞれの恋人が出来ても、2人はキャンディを良き友達、味方として接することは変わりませんでした。

こんなに愉快で素敵な兄弟に出会えたキャンディは、意地悪なニールとイライザをギャフンと言わせる本当に心強い味方兼ボーイフレンドだったと言えます。

キャンディの親友アニー!同じ孤児院で育っても彼女はデリケート!

キャンディ・キャンディのヒロインのキャンディとアニーは同じ日に一時間の違いで、ポニーの家に拾われました。以後2人は双子の姉妹の様に仲良くポニーの家で育ちました。

6才の誕生日のある日、キャンディとアニーはポニーの丘で、誕生日の御祝いをします。そこでアニーは「私達は本当はいつ生まれたのかしら?」と泣きだします。キャンディは「6年前の今日私達は一時間の違いで拾われたのよ。今日が当然誕生日よ!」とアニーをなだめます。

ですがアニーは「誕生日を御祝いしてくれるパパとママが欲しい~!!」と号泣してしまいます。困ったキャンディはハッと思いついたかの様に、パパとママの御祝いのキスをアニーにしてあげるのでした。そこでアニーも元気を取り戻し、「キャンディ大好き!」と誕生日会を楽しみました。

そんなある日、アニーが夜中のトイレが怖くて1人で行けないので、キャンディを起こします。ドアからポニー先生とレイン先生の話声が聞こえてきました。2人はそっと耳を傾けます。そして話の内容は何と!アニーを引き取りたいという、ブライトン夫妻との話し合いでした。

アニーは「キャンディと離れるのは嫌!」と泣きだしますが、キャンディはアニーが以前からお金持ちの家にもらわれたいことを知っていたので、行くべきだと勧めます。翌朝素敵なドレスに身を包んだアニーは、ブライトン家の娘として引き取られることになり、6年間ポニーの家で、いつも一緒だったキャンディに別れを告げました。

その後キャンディとアニーは手紙のやりとりをします。アニーが「パパとママは優しい」と手紙に書いてくるとキャンディはまるで自分のことの様に喜んでいました。ところが急にアニーはキャンディに手紙を書かなくなりました。そして別れの手紙には「孤児院にいたことを皆に知られたくない、忘れたいの。」と知らせるのでした。さすがにいつも元気なキャンディも、アニーの一方的な別れの手紙に大ショックを受け、悲しませてしまいました。

アニーは孤児院出身であることを常に恥じるようになってしまいました。いわゆる世間体を気にしたということでしょうか。手紙のやりとりを止めたことで、アニーはキャンディを忘れようとしていたのかもしれません。

でもいくら孤児院出身を隠すためとはいえ、姉妹の様にいつも一緒だった親友キャンディをアニーの方から連絡を断ち切ってしまうことは、いささかアニーは自己中心的なわがままだったようにも思えます。

アニーは自分の希望通り大富豪に養女として引き取られ、幸せに暮らしていきました。その間に親友キャンディが苦労していることも知らずに。

アニーがキャンディと久しぶりの再会をしたのは、ラガン家でのお茶会の時でした。キャンディはラガン家で召使としてこき使われ、馬番もしていたのです。お客様として招かれたのがアニーで、キャンディはニールとイライザの馬をアニーに見せるといった運びでした。

折角の再会を果たしても、アニーはキャンディには一切声をかけませんでした。後にイギリスの寄宿舎でも、2人は再会をしますがアニーは本当にデリケートで、最初はキャンディを避けていました。

ですがアニーはアーチーがキャンディのことを好きだと分かるとショックを受け、キャンディに激しく抗議します。そこで自らポニーの家のことを口にしたことで、たまたま傍を通った意地悪なイライザに聞かれてしまい、秘密がばれてしまいました。

一時は絶望になったアニーでしたが、優しいアーチーやキャンディの励ましで、昔のように2人は親友に戻りました。

それからのアニーは明るい女の子になりました。

1 3 4 5 6 7 10