ベルばらの結末!悲しいことに重要登場人物が全部この世を去った!

フランス革命戦争のために、ヒロインのオスカルと恋人アンドレはその犠牲者となり、命を落としてしまいました。ですがこの2人、天国で幸せになれたのではないでしょうか。醜い戦争で危険な目に合うよりも、天国で2人は結婚式を挙げたかもしれません。

それにオスカル自身も男性から本当の女性として、アンドレの妻として天国で仲良く夫婦として暮らしているでしょう。

さて、オスカルとアンドレの死後、残されたアントワネットとフェルゼンにも様々な悲しい結末が待っていました。

まずアントワネットはルイ16世や子供達と共にフランス革命をのがれるために、ヴォレンヌ逃亡を計画します。ヴォレンヌ逃亡とはフランス革命の最中の1791年6月フランス東部国境に当たるヴォレンヌで事件として起こります。

実はこの逃亡を計画したのはルイ16世で、どういうわけか民衆にすでに知れ渡っていたのか、ヴォレンヌでルイ16世一家は拘束されてしまいます。

そしてパリに連れ戻され、アントワネットは逃亡生活の原因なのか、美しいブロンドの髪が一晩にして老人の様に白髪になってしまいました。そこからルイ16世、アントワネット共に悲惨な生活、結末が待っていました。

ルイ16世はヴォレンヌ逃亡をしたためか、すっかり市民から信頼性を失ったため、処刑するかどうかを投票で決めることとなり、裁判ではたった1票の差で処刑することに決まりました。そして翌日には処刑されてしまいました。

ルイ16世は正確は優しく、温厚な性格の持ち主だったとのことでしたが、いささか気が弱く、妻のアントワネットがフェルゼンと恋仲であったことを知りつつも、それを叱ることは出来ませんでした。

そしてアントワネットはコンシェリジェー牢獄に入れられ、裁判をしながら牢獄生活を送りました。もう以前のような優雅な王妃時代とはうってかわって、髪は完全に白髪、処刑される恐怖におびえらがらも、最後までフランス王妃としての誇りは捨てませんでした。

結局アントワネットは民衆の税金を無駄遣いをしたために、処刑される羽目になり、ルイ16世の後を追って処刑により命を落としました。

1780年代の死刑制度は、「ギロチン」による執行が当たり前で、何とも現代では残酷すぎる死刑執行です。「ギロチン」制度は等の昔に廃止こそされましたが、市民の大勢の前で囚人が処刑される所を見せ物にするのも、大問題ですね、現代では。

とても恐ろしいことです。「ギロチン」で処刑するってことは。ですからアントワネットは「悲劇のヒロイン」兼「悲劇の王女」なんですね。

ルイ16世との政略結婚がそもそも間違いの元で、アントワネットも犠牲者の1人と言ってもいいでしょう。

そしてアントワネットを愛し続けたフェルゼン伯爵ですが、家族の反対を押し切ってフランス革命へ自ら入り込んでいき、ルイ16世、アントワネット達の逃亡の手助けをするといった、大胆な行動に走ってしまいます。

やはり愛するアントワネットのためだったのでしょうか。人は愛する人の為ならどんな危険でも顧みないと言いますけど、フェルゼンもその1人だったのでしょう。

しかしどんなに逃亡を企てても、結局は失敗に終わってしまいました。アントワネットを失ったフェルゼンは傷心で故郷へ帰っていきました。しかし彼にも悲惨な結末が待ち受けていました。

フェルゼンを憎む市民により、彼は撲殺されてしまいました。結局ベルばらの重要登場人物は全員他界したことになります。それも悲惨な最期でした。

ベルばらの最後は、話の中心人物が全員死んでしまったことで終わりました。

フランス革命!殆どの登場人物の人生の歯車が狂い始めたの?

1789年7月14日、フランス革命が起こりました。この革命でオスカル、アントワネット、アンドレ、フェルゼンの4人の重要人物たちの人生の歯車が大きく狂いだしたと言えます。

そもそもフランス革命が起こったきっかけはパリをはじめ、フランス市民がアントワネットを取り巻く王家のやり方に不満を爆発させたことです。

ルイ16世は何とか世の中を変えるために対策案を講じましたが、ダメでした。ますますフランス市民の不満・怒りは止まることなく、ついにはフランス革命戦争が起こる羽目になりました。

重要登場人物にもフランス革命により、大きな変化が訪れました。ヒロインのオスカルはパリ市民のあまりにも惨めな貧困生活を目の当たりにしたせいで、アントワネット専属の近衛兵を辞職し、フランス衛兵隊になりました。

アンドレはオスカルを助けるため、衛兵隊の隊員の1人になりました。

アントワネットは今までの優雅な王室の生活から一変、夫のルイ16世や子供達とベルサイユ宮殿を脱出する羽目になりました。これは市民からの暴動を避けるためでした。

フェルゼンは、忘れることのできないアントワネットのため、フランスから逃げる手助けをしました。

オスカルはフランス衛兵隊の隊長として、フランス革命戦争へ自ら突入していきます。しかし彼女はすでに結核に侵されており、その病魔を隠してまで戦いに参加するといった有様でした。普通の女性として育っていれば、今頃は幸せな結婚が出来て子供も授かったろうにと父は、オスカルを男性として育てたことを後悔します。

アンドレはやはり相思相愛になったオスカルとはもう一時も離れることは出来ず、いつも傍にいて彼女を手助けすることを決意し、隊員に加わりました。ですが彼自身も目が失明に近い事を隠していましたが、後に別の隊員によって発覚してしまいます。

戦争はどんな時代でも起こっていましたが、人間と人間との醜い争いにしか過ぎません。銃で人を簡単に撃ち殺す。これは大昔では当たり前のことでしたが、戦争で命を落とせば悲しむのは残された家族です。

果たして戦争して世の中がすぐに良くなると言えるのでしょうか?ただただ生身の人間の殺し合いして何の意味があるのでしょう?私には理解できません。

オスカルはフランス市民の味方として、近衛兵を辞職して自分からフランス衛兵隊に志願しました。この正義感の強さは男性並みを遥かに超えていたと言えます。本当にたくましい女性・オスカルです。

でも愛するアンドレと戦争に参加するのはやはり危険がともないました。オスカルが敵兵に銃で撃たれそうになったのを発見し、オスカルを庇って銃で撃たれてしまったアンドレ…そこでオスカルはアンドレの自分に対する激しい愛情を感じつつも悲しむ暇がありませんでした。只ひたすら戦っていました。

ですがヒロイン・オスカルにもやがて無残な結末が!バスティーユ銃撃戦でついに銃撃戦に巻き込まれ、命を落としてしまいました。ヒロインが死んでしまってはもう物語は終わりか!となりますがまだまだ残されたアントワネットとフェルゼンの悲しい結末までもが待ち受けていたんですね~ベルばらには!

フランス革命をきっかけにやはりオスカル、アンドレ、アントワネット、フェルゼンの4人には「死」をともなう結末が待っていたことが共通しています。

フランス王妃マリー・アントワネット!ベルばらのもう1人のヒロイン

フランス王妃マリーアントワネットは、オスカルに次ぐベルばらのもう1人のヒロインです。アントワネットはオーストリアのマリア・テレジアの娘で、ダンスや歌など女性としてのマナーは非の打ち所がないくらいな上品な女性として育てられました。

7歳の時に、あるパーティーで1歳年下のモーツアルトがピアノを弾くのを披露しているのを見ていたアントワネットが何と!ピアノを弾き終わった6歳のモーツアルトに求婚されたというエピソードを聞いたことがあるのですが、実際は本当なのかどうかは分かりません。

アントワネットが14歳に成長した時、オーストリアとフランスの関係が芳しくなく、母マリア・テレジアはその改革対策として、フランスのルイ15世の孫息子(その後のルイ16世)との政略結婚を考えだします。

愛情のない結婚に困惑するアントワネットではありましたが、しきたりを破ることは出来ず、オーストリアの身に付けていたものは何もかも外されて、フランスへ嫁いできたわけです。

ルイ15世が逝去した語、アントワネットは正式にフランス王妃になります。ですが世間知らずのアントワネットは、名門貴族に出入りの激しい夫人から賭博に誘われたり、宝石をやドレスを買い占めるなどの贅沢な生活をします。

そして愛情のない結婚のため、夫であるルイ16世にはまるで興味はなく、隠れて仮面舞踏会で出かけたのがきっかけでスェーデンの貴族であるフェルゼンと一気に恋に落ちてしまいます。

許されない恋と分かっていても、アントワネットはフェルゼンをどんどん好きになっていき、またフェルゼンも彼女を好きになるなど、本当にお互いに愛し合うようになるまで発展していきました。

そんな時に同時にフェルゼンを好きになったオスカルは、すぐに身を引いているので後悔することもなく、フェルゼンとはその後も良い友人として付き合えています。

アントワネットは愛情のない政略結婚をさせられたことで、恵まれた生活をしていてもいつも孤独を感じていました。フランス王妃としての誇りと気高さを知りつつも、夫のルイ16世は本当に愛することが出来ず、フェルゼンとの愛に日々苦しんでいました。

でも近衛兵として忠実に尽くすオスカルには、友人として思い、何でも相談をしていた彼女でした。でもオスカルは男性の心があるため、どんなに同性同士とあっても立場が違いすぎるので、なかなか理解しあえない所もあり、また孤独を感じていました。

そんなアントワネットでしたから、トラブルに巻き込まれるのも多々ありました。代表的なのが「首飾り事件」です。バロワ家の血を引くジャンヌによって、宝石店からローアン枢機卿にアントワネットからのプレゼントだと騙して、高額で首飾りを売ったと言われるものです。これは現代で言う正式な詐欺です。

その前はポリニャック伯爵夫人と出会い、自分との交流を深めるために、ポリニャック伯爵夫人を親友として王家の出入りを許可するようになります。ポリニャック伯爵夫人は実は危険な人物で、自分を親友と思うアントワネットの心を利用して賭博をさせてお金を使わせるなど、悪女じみた面がある女性の1人でもありました。

暫くしてアントワネットは無事3人の子どもを持つ母親になりました。ですが不幸にも長男は7歳で重病にかかり亡くすといった悲劇を招いています。

しかしアントワネットの今後の人生はますます悲劇化としていきました。ですから今でも悲劇の王女と呼ばれるのでしょう。漫画の中ではまさしく悲劇のヒロインはオスカルよりアントワネットです。

近衛兵・オスカル!例え女性であっても男性の様にたくましいヒロイン

ベルサイユのばらと言えば、何といっても主人公のオスカルだということは殆どの方がご存知のはずです。オスカルは貴族ジャルジェ家の6人姉妹の末っ子として誕生しました。

ですがジャルジェ家は王家にお使いする将軍でした。でもどういうわけか男児には恵まれず、末娘として誕生した赤ちゃんの鳴き声が元気がよく、父レ二エはこの末娘にオスカルと名付け、自分の後継者として男の子として育てることを決意しました。

ばあやは勿論反対はしましたが…レ二エの意見に反論することは出来ませんでした。その後オスカルは男性として厳しく馬術、剣などを叩き込まれました。そこでばあやの孫であるアンドレと出会い、最初は幼馴染としてまたは遊び相手として幼少時代を過ごします。

女性でありながらも、心の中は男性として生きて行くオスカル。近衛兵としてマリーアントワネットの専属護衛として忠実に尽くし、すっかり男性並みの厳しい人生を歩んでいくのでした。

誰もがオスカルを女性と分かっていながらも、同性から憧れることの多いオスカルでした。「オスカル様」と呼ばれますが、彼女は決して一般市民を相手にすることはありませんでした。

ですがひょんなことから、貧しい少女との出会いでパリの下町の生活がどんなに悲惨なものかをオスカルは目の当たりにします。元々正義感の強いオスカルはマリーアントワネットにも貧困市民のことも考えて欲しいと申し出ますが、マリーアントワネットは他のことで頭が一杯でオスカルの言葉は聞いていませんでした。

貴族の生活は贅沢三昧で、下町市民は明日も食べるものが手に入るのが難しいこの激しい差にオスカルは疑問を感じます。「今のままで本当にいいのか?王妃様にこのパリの現状を知っておいてもらわねば!」と必死になります。

でも正義感のある男性並みのオスカルではありますが、やはり女性である面も沢山見せてくれます。それは初恋の人スェーデンのフェルゼン伯爵との出会いです。そもそもオスカルがフェルゼン伯爵と初めて出会ったのは、マリーアントワネットが馬に乗って危険にさらされそうになった所をオスカルが助けて、最初はフェルゼン伯爵自身もオスカルが女性だとは思ってはいませんでした。

物語が進むうちに、フェルゼンが仮面舞踏会で出会ったマリーアントワネットに一目ぼれをし、またアントワネット自身もフェルゼンに好きになり、お互い相思相愛になってしまいます。

このことを知ったオスカルはフェルゼンが自分よりアントワネットの方に心惹かれていることで彼を諦めようとしますが、葛藤がありました。「やはり私は女だ。1人の男性に魅かれることはいけないのだ。」と近衛兵としての誇りとアントワネットへの忠実な下部として尽くしていくことを決意し、オスカルの淡い初恋は終わりとなりました。

でも唯一男性として生きてきたオスカルが、女性としてドレスを着て、パーティーに出席し、フェルゼンを忘れるために彼と踊った姿は何とも印象的でした。

フェルゼンには失恋しましたが、その後は友人として付き合うようになりました。でもオスカルにはバックにとても大切な男性がいつもいました。それは幼馴染のアンドレです。アンドレはいつも影ながらにオスカルを暖かく見守っていました。

いつも自分を見つめていてくれたことに気づいたオスカルは、やがてアンドレを愛するようになり、身分を超えた愛情へと発展していきました。

生まれた時から男性として生きてきたオスカルも、たくましいながらもやはり心は女性であり、フェルゼンとの初恋、そしてアンドレとの愛など女性らしい場面も沢山見ることが出来ました。

1 4 5 6 7 8 10