現代も超人気!池田利代子代表作・ベルサイユのばらの魅力とは?

ベルサイユのばら・通称ベルばらは池田利代子先生の代表作兼大ヒット作で、年齢問わず人気があります。現代ではラインスタンプとしてベルばらのキャラが販売されています。それに「ベルばらキッズ」の4コマ漫画の本も販売されています。

ラインスタンプでは、ベルばらのキャラたちが関西弁で登場しています。原作とはまた違った味で面白おかしくて人気急上昇です。

それにベルばらキッズでは、キャラが全員デフォルメしており、登場人物のオスカルやアンドレたちが見事に子供になって、可愛く描かれています。

ベルばらの連載がスタートしたのは、1972年(昭和47年)週刊マーガレットからでした。当時中高生に大変人気が高く、主人公のオスカルや彼女を取り巻く登場人物の恋、愛の行方など実にリアルに描かれていました。

恋愛少女漫画といえども、ベルばらは実在の人物が登場しており、ストーリーの最大の頂点を迎える「フランス革命」など結構世界史の勉強にもなったと言えます。

しかし、私はまだこの漫画が連載中の時は小学生でしたのでベルばらは、難しくて読める対象ではありませんでした。ですが、後に宝塚になった時には話の内容は理解出来なくても、主人公のオスカルには何か魅かれるものがありました。

池田利代子先生は、難しい作品を描かれていたんですね。「フランス革命」って何?と昔はまるでピンと来てませんでした。

本格的にベルばらを読み始めたのは、18~19歳の頃だったでしょうか。ベルばらが集英社より文庫本サイズで販売されていたからです。1冊250円とお手頃値段で、今で言う「大人買い」をしてしまいました。集英社漫画文庫は他の漫画作品も販売され、人気作品はいつも売り切れ状態でした。

ですからベルばらも当然品切れだったわけです。現代はネット通販などで、また新しい形で全巻ボックスセットが販売されています。本当にベルばらの人気は長期にわたっていることがよく分かります。

それに1980年(昭和55年)にはアニメ化され、主人公のオスカルの声優は田島玲子さんが担当していました。アニメでは原作よりもより分かりやすい解説付きで、小学生でも見ることが出来ました。主題歌のオープニング、エンディング共にオスカルとアンドレの熱い思いが伝わるような印象でした。

やはりベルばらの主人公のオスカルをはじめ、アンドレ、マリーアントワネット、フェルゼン伯爵の4人が重要登場人物です。そして物語の最初では特にオスカルとアントワネットが同時にフェルゼン伯爵に恋する状況がこと細かく描かれています。

少女漫画の共通することは、主人公と初恋の人は決して結ばれない作品が多いということです。オスカル、アントワネット共に苦しい恋をし、結局はフェルゼンとは結ばれることはありませんでした。

そしてベルばらの最大の悲劇ヒロイン誕生説もあります。これは実際にあったことなので、歴史上でも有名になっています。フランス革命を背景にしたベルばら。何故今でもこんなに人気がそして魅力を感じるのでしょうか?

やはり4人の取り巻く恋、愛、そして別れなどの波乱万丈な人生が多くの読者を引き付け、アニメでも超人気となり、次の時代にも語り継がれているのです。

平成生まれの人達は、結構ベルばらファンが多く、特にオスカルに人気があります。ある1人は「オスカルの目はつけまつげみたい!」とコメントしてました。(笑)でも池田先生のキャラクター設定は、平成生まれの人達を虜にさせ、母親の影響からか、「ベルばら大好き!」と言っています。

やっぱり魅力満載ですね!

ガラスの仮面の結末!紅天女の座は果たしてマヤ?それとも亜弓?

ガラスの仮面は1976年(昭和51年)に連載が開始されて以来、常にマヤと亜弓の紅天女をめぐる戦いが長く続いています。

2人の出会いは13歳でしたから、現在は幾つになっているのでしょう?現実であればマヤ、亜弓共に40~41歳のはずです。ですが漫画を読んでいる限り2人ともまだまだ若く、少女の面影があります。

月影先生や真澄の継父にしても、連載当初からかなり年齢が高く見えたキャラクターなので、現実だったらもう亡くなっていたに違いありません。マヤと亜弓が40代であれば、当然結婚もして子供だっていたでしょうし、とうに紅天女の座はどちらかが受け継いでいたことでしょう。

ですが漫画の中では、登場人物の年令がある程度止められているように見えます。マヤと真澄の進展しない愛情や、お見合い相手の紫織には「破談」を申し入れる真澄のシーンなどがあり、紫織は傷ついて自殺しかけたこともありました。

そして態度は一変し、紫織は真澄が愛しているマヤに強い憎しみと嫉妬心を抱きます。そこでも何だかストーリーではもやもやしている画面がうかがえます。

マヤと亜弓は紅天女の故郷と言われる「梅の谷」で、月影先生の元で色んな修行を積みました。そこで2人はそれぞれ紅天女の役作りに苦悩しつつも、稽古に励んでいきました。

紅天女の試験的な劇場はマヤと亜弓のそれぞれに監督がついて、二手に分かれました。そこで色んなテストをしていく上で、マヤか亜弓か本当に紅天女に相応しいのかを審査していくのです。

マヤには黒沼監督が、亜弓には劇団オンディーヌの管理者・小野寺監督がつきました。マヤはかつての恋仲の桜小路君と共演することとなり、桜小路君は一層マヤに対して好意を寄せて行きました。

どんどん進められていく紅天女の試験劇場ではありますが、まだまだマヤか亜弓か、正式な紅天女の座は決まっていません。やはり容姿や演技力では亜弓の方が優勢な感じもしますが、マヤはマヤでまた人を引き付ける演技、新鮮味を与え印象を強くさせる能力があるので、いくら容姿が平凡であっても亜弓が恐れるように、演技すればするほど輝きを見せて行くので、油断は出来ません。

漫画を読んでいても、白黒はっきりしないので、何とも長引くばかりです。

アナタだったら、紅天女はマヤか、亜弓かどちらが後継者になると思いますか?私だったらマヤではないでしょうか。やはり平凡な少女ゆえ、天才的な演技力を一番に見出したのはあの月影先生です。

月影先生は事故で、顔を大けがし女優生命を絶たれ、紅天女を二度と演じることが出来なくなってしまいました。その上、重い心臓病も患っているので自分の命のあるうちに何としてでも、紅天女を代わりに演じれる女優を探し続けていました。

最初は亜弓の母親の歌子が紅天女を演じる予定ではありましたが、月影先生はあえて選びませんでした。それで一番最初に目を付けたのがマヤだったわけです。

マヤには底知れぬ才能があり、天才だと認めている月影先生ですが…亜弓にも大きな評価をしています。

さあ~、月影先生。アナタは一体心底ではマヤか亜弓かどちらを後継者として考えているのですか?と問いかけても無駄でしょうか。(笑)

ガラスの仮面は、紅天女決定に向けてストーリーが進んでいます。でも思いがけない事故で亜弓の視力が危機にさらされています。マヤはそのことを知りません。これからも目が離せないガラスの仮面。

マヤと亜弓の壮絶な戦いはこれからも続くことでしょう。

大都芸能・速水真澄!紫のバラのひととして、密かにマヤを愛していた

ガラスの仮面の男性版重要人物は、何といっても大都芸能の若社長の速水真澄です。この速水真澄、父英介の後継者にはなっていますが、英介は実父ではなく、真澄の母の再婚した継父だったことが判明しています。

幼少時代は継父の英才教育を受け、将来の大都芸能の社長の後継者としての躾を叩き込まれました。ですが継父からは本当の愛情を受けたことが無く、只ひたすら仕事のことしか頭にない継父に対して真澄は憎しみさえ抱くようになりました。

ですが継父の「紅天女」の話を聞いたり、上演権を譲らない月影先生のことを知ると、真澄自身がそれを全部継父から奪い取ってやる復讐心が燃えていました。本当の愛情というものを知らずに育った真澄はいつしか継父のように仕事の鬼になっていました。

常に誰にも心開かず、芸能人は皆商品扱いといった、何とも冷たい男性のように思えました。でもそんな真澄が急に優しさを取り戻したきっかけと言えば?

北島マヤとの出会いです。彼は「若草物語」で高熱でありながらも演じるマヤを見て、「どうしてこうも演技に夢中になれるのか?」と驚きを隠せませんでした。そして今までの自分のやってきたことにいささか疑問を感じるようになり、マヤに魅かれて行きました。

そして「紫のバラのひと」として、真澄は影でマヤを援助したり、応援するようになります。それを知らないマヤはいつも真澄に対しては憎まれ口をたたいていましたが、真澄はマヤの演劇に対する情熱がいつしか愛情に変わっていったのを自覚するようになりました。

演劇の勉強をさせるために高校へ進学させたり、月影先生の入院費を出すなど、真澄はどんどんマヤを助けて行きました。マヤも見知らぬ「紫のバラのひと」には感謝し、いつしか逢いたいと心から願いますが、真澄は名乗ることはしませんでした。

突如継父から、縁談の話が持ち込まれた時には真澄は動揺しました。お見合い相手の鷹見紫織は「真澄さま」と慕うようになり、真澄も紫織と交際していくうちに一度は魅かれましたが、やはり真澄の心にはいつもマヤが潜んでいました。

ですが「紫のバラのひと」=速水真澄とマヤに気づかれてしまうんですね!「忘れられた荒野」でオオカミ少女を演じたマヤが「紫のバラの人」が見に来ると喜んでいました。ですが大事な公演の日に台風になってしまい、それでも真澄はマヤの演じるオオカミ少女が見たくて台風の中たった1人で見に来ました。

その時にたまたま使うはずだったスカーフが台風で濡れて、代用のスカーフでオオカミ少女を演じたマヤでしたが…数日後真澄に代用のスカーフで演じた時の演技は素晴らしかったとマヤは誉められましたが、いつも使っているスカーフとは違っていたことに気づき、あの時の観客は真澄だったこと、そして紫のばらのひとだと彼女自身が気づいてしまいました!

いつも陰で応援して、たった1人のファンだったその人がいつも憎んでいた速水真澄だったとは!と衝撃を受けるマヤでした。

紫のバラのひととして、いつも影ながらにマヤを見守っていた真澄は、紫織との交際をしつつもやはり自分の愛はマヤにあると目覚めて、彼自身の中に愛情がどんどん深くなっていくのも分かりました。

そして紫のバラのひとが真澄だと気づいたマヤも、いつしか彼を意識して好きになっていきました。

相思相愛になりつつあるマヤと真澄ですが、今後はどんな運命展開していくのか楽しみです。

マヤのライバル・姫川亜弓!実はマヤの演劇才能に嫉妬していた?

ガラスの仮面のヒロインマヤに続く重要人物と言えば、ライバルの姫川亜弓です。姫川亜弓はマヤとは育った環境が実に対照的で、父親は映画監督、母親は姫川歌子と超有名な女優の間に生まれ、裕福なお嬢様育ちです。

でも亜弓は両親の七光りだと思われたくない、といった高いプライドを持っており、母親と自分は常に別々の女優として劇団オンディーヌに所属していました。マヤのボーイフレンドの桜小路君と同じ劇団員です。

亜弓がマヤと初めて出会ったのは、マヤがたまたまオンディーヌへ見学に現れた時でした。「逃げた小鳥」のパントマイムの試験をひょんなことから、マヤはやることになり、戸惑いつつもマヤはパントマイムを始めます。動きのぎこちなさから周囲はマヤのことをバカにして笑っていましたが、どういうわけか亜弓はマヤの初めてのパントマイムを見て、彼女の隠れた能力を見出し、驚きました。

月影先生の次にマヤの隠れた才能を発見したのが亜弓です。亜弓は容姿も美しく、演技でも天才的と評価され続けてきただけに、マヤの存在はこれから亜弓の演劇人生を変えることになりました。

劇団つきかげの初の公園「若草物語」で三女のべスを演じたマヤを見た亜弓は、「あの子は演じれば演じるほど輝いてくる」と評価し、やがて自分のただ1人のライバルとして、マヤを認めるようになりました。

その後も亜弓とマヤは舞台で戦うことが多くなり、同作「たけくらべ」では主人公の美登里を亜弓は完璧に演じたのに、マヤは一味違った演技力で観客を魅了させ、その瞬間に亜弓はマヤに対する初めての敗北感を感じたのでした。

「奇跡の人」ではマヤと亜弓はWキャストとして日替わりで、演じていました。マヤが亜弓と比べられるのを恐れているように、亜弓もまた、「マヤは怖い子」と心の奥底では不安を隠せませんでした。

亜弓はいつも自分自身の演技は完璧で、誰にも負けたくない!と言った強い意思があり、ことごとく自分を追ってくるマヤを本当に恐ろしく感じつつも、良いライバルだと常に思うようになりました。

マヤに「最優秀助演女優賞」を奪われても、亜弓は自分とマヤの演技は完全に違うものだと気づき、ここからマヤと共に「紅天女候補」として激しい女優世界へ突入していきます。

マヤが陰湿な陰謀によって、芸能界を追放されたと聞いた時には、大事なライバルを失いたくない一心で陰謀をしかけた相手を見事に叩きのめしました。さすがに亜弓は曲がったことを嫌う本物の女優です。

「ふたりの王女」ではライバル同士が共に演じ、大人気を博したので、マヤと亜弓はここから本格的に「紅天女」目指して戦いを始めました。

ですが亜弓はマヤには一度も勝ったことがないと思っているのです。これは意外なことなのですが、何故なのでしょう?プライドが高く美貌にも優れている亜弓なのですが、やはりマヤの底知れぬ演技力の才能を早くから見出していたので、心から勝てた!と思うことがなかったのでしょう。

平凡な女の子が急に演技を始めると、まさに女優として輝いて見えてくる…マヤの演技には自分にはないものが沢山ある!だから亜弓はマヤを怖い子と思いつつ、大事なライバルとも思っているのでしょう。

自分の置かれた環境はまさしく満たされていて、その反面、マヤはどんな境遇にあわされても決して負けることなく、自然に演技の世界へのめり込める!本能的に演技が出来るマヤに、亜弓は嫉妬をしていたんですね。

だからこそ、マヤとは互角に戦って何としても紅天女をやってみせる!というのが亜弓の本音でしょう。

1 5 6 7 8 9 10