演劇大好き少女・北島マヤ!平凡な女の子から女優への激しい道のり!

ガラスの仮面のヒロイン・北島マヤ。この名前の由来は名字は歌手の「北島三郎」から来ていると友人から話しを聞いたことがあります。

少女漫画のヒロインは大抵は可愛らしいとか、大人っぽいとか、お転婆のイメージが多いのですが、この北島マヤだけは漫画とはいえ、見てても平凡な女の子そのものです。

しかも小さいときに父親を亡くしたマヤは、母の春の働くラーメン店で住み込み状態でした。決してお金持ちでもなく、どこにでもいるような中学生で見かけは平凡そのものでした。そして学校の成績はよいわけでもなく、いつも母親から「役たたずのみそっかす!」と叱られてばかりいました。

そんなマヤが本格的に演劇に目覚めたのは、師匠となる月影先生との出会いでした。月影先生はマヤが一度見た芝居のセリフを一度で暗記してしまうことや、演じた俳優の動きやポーズも見事に覚えてしまう才能を見出して、マヤを1人の女優をして育てて行くことを決めて、劇団つきかげに入団させます。

マヤは演劇が大好きで、本当に演劇の勉強ができるんだ~と感動しますが、でも道のりは思ったよりも険しく決して生易しいものではありませんでした。

月影先生の厳しい特訓にも耐えて、マヤは女優としての道の階段を登り続けます。そんな時、劇団オンディーヌで出会ったボーイフレンドの桜小路君とは恋仲となり2人はとっても仲良くなります。

しかし劇団つきかげと劇団オンディーヌは敵同士であり、桜小路君とマヤの恋仲はなかなか進展しませんでした。激しい競争が続く中、マヤは演劇への情熱がますます熱くなり、いつしか桜小路君との恋よりも、演劇の方を選んでしまいました。

マヤが自分の方に思いが来ていないことを知った桜小路君ではありましたが、それでも彼はマヤのことが好きでした。

そしてマヤ自身の女優としての大きな変化は「奇跡の人」を演じたことで「最優秀助演女優賞」を受賞したことから始まります。ここからマヤは芸能界入りし、テレビ女優として活躍することになります。

月影先生はそんなマヤの女優としての成長を見守り、「紅天女」候補としてライバルの姫川亜弓と共にその名前を挙げました。

テレビ女優としてのマヤの活躍は大成功に見えたものの、隠れた人物の陰謀によって芸能界を追いだされてしまいました。その最中に突然の母の死の知らせなど、マヤは絶望のどん底に落とされてしまいました。

次々に起こるマヤの悲劇は、彼女の女優生命の危機すら感じました。そしてとうとうマヤは演劇に対する自信をすっかり失ってしまい、一時は再起不能状態寸前にまでなりました。

でもマヤの中では演劇を忘れることは出来ません。芸能界を追放されてもマヤの演劇に対する炎は消えておらず、周囲の暖かい励ましでまた新しい女優への道を切り開こうとしました。

ライバル・姫川亜弓と共に、紅天女を目指すマヤ。「ふたりの王女」「オオカミ少女」などで好評を博し、またマヤは更なる大女優としての成長を遂げていきます。

ガラスの仮面のヒロインマヤ!彼女の演劇の情熱の炎は誰も邪魔することは出来ません。マヤの演劇才能は天性なのですから!

花とゆめ!美内すずえの長編漫画ガラスの仮面はいつ連載開始されたの

美内すずえ先生の代表作といえば、誰もがご存知の「ガラスの仮面」ですね。この作品はいつスタートを切ったのでしょう?

「花とゆめ」で連載開始された「ガラスの仮面」は1976年(昭和51年)でした。もう40年以上連載が続いているわけです。少女漫画にしては長編連載ではありますが、単行本では49巻まで販売されています。

49巻まで来ると、さすがに「ガラスの仮面」のストーリーにいよいよフィナーレか?と思うこともありますが、最近の単行本を読んだ限りではまだまだ連載は続くみたいです。

最近の単行本とは45巻~49巻までのことを言います。

「ガラスの仮面」は演劇が大きなテーマになっていますが、最初の頃は色んな名作を漫画の中で劇にしています。一番最初の作品は「若草物語」でした。主人公の北島マヤが劇団つきかげに入って最初の舞台を踏んだ物語でした。

その後も「たけくらべ」「ジーナと青いツボ」「嵐が丘」「奇跡の人」なども漫画の中とはいえ、舞台化されました。

「ガラスの仮面」がスタートした1976年(昭和51年)頃と言えば、テレビアニメや歌番組、お笑い番組など沢山見るものがありました。そんな状況で、やはり私達が子供だったこの時代は、漫画を読むことより、アニメを見ることの方が多かったのです。

ですから「ガラスの仮面」で取り上げられた劇の名作は当時は知らないものが多く、物語の理解が出来ませんでした。でも今は違います。子供だったから何も分からなかっただけで、大人になってから改めて読むと何だか新鮮味を感じるようになりました。

マヤの演劇に対する情熱は、読むほうも何だか虜になってしまいました。演劇は自分以外のものになれます。男性役立って出来ます。時には年配者になったり、女王様やこじき、侍や王子さまなどまど、その役になり切って演じる楽しさを教えてくれる漫画です。

小学生時代に、学芸会で演劇をしたことがありました。題名は「アルプスの少女ハイジ」でした。やはり役を決めるときは主人公ハイジは勿論のこと、クララなども女の子は絶対に器量のいい子が選ばれました。

女の子であれば誰もが主人公をやりたい!といった願いはありましたがやはり漫画と違って、見掛け第一で決められて言い争いになったこともありました。でも結局は話し合いで役を決め、譲らない場合はじゃんけんで最終的に決めていました。(笑)

ですが、「ガラスの仮面」の主人公のマヤのように役になり切っていたわけでなく、面白おかしく演じていただけでした。セリフも棒読みで、いかにも小学生らしい演劇会になったことを覚えています。

昭和50年代前半の少女漫画は、どちらかといえば恋愛ストーリーが非常に多く見られ、「ガラスの仮面」のような1つのものに主人公の女の子がひたむきになる!といった内容の作品は少なかった様に思います。

ですから恋愛ものが多い中で、「ガラスの仮面」は特殊な漫画だったといえるのではないしょうか?

現在は恋愛ものにも展開している「ガラスの仮面」ですが、なかなか複雑化されている模様です。今後はどうなっていくのか、美内先生の今後に期待しましょう。

冗談社の編集長・青江冬星!同じく紅緒を愛する少尉の恋敵であった!

少尉が戦死と伝えられた後、登場する青江冬星ですが、この男性いささか変わった所があります。それは女性に肌を触れられただけでじんましんが出ること。これには笑えました。いわゆる女嫌いです。

いつも長い髪に顔を隠し、仕事には常に厳しく情熱的なこの青江ですが、彼はどうして髪で顔を隠しているのかその理由ってアナタは知っていましたか?

青江冬星の両親は銀行家で、父親が後を継いで欲しいと冬星に頼んでいましたが、彼は頑なに拒否し続け、冗談社を立ち上げ編集長になりました。

冬星の母親は16歳で彼を産み、その前には別の男性と付き合っていたとのことでした。ですから銀行を経営しているのは継父であり、母親の顔に自分は余りにも似ているので常にコンプレックスを感じていました。

ですからそんな母親の元に生まれた自分に腹が立ち、女性などというものは嫌いで、身近には近づけたくない、というのが冬星の女嫌いの理由だったのです。

青江家も銀行経営してるくらいですから、大富豪には違いありませんが、冬星はそんな家を嫌い、両親も嫌ってましたので家を出て、自分で冗談社を経営して生計をたてていたんですね。

そんな時に現れたのが紅緒で、男勝りで、実に女性とかけなはれた面を気に入り、冗談社へ入社させます。婚約者はすでに死んでいて、仕事しないといけない!といった紅緒の情熱に段々魅かれて行く冬星でした。

ですから女嫌いをなおしてくれた紅緒は、冬星にとって大事な存在となり、彼の心の奥底は婚約者が死んでいてよかった…ことだったのです。

しかし、日本に来たサーシャが実は紅緒の許嫁少尉だと知ると、冬星は少尉に対して激しいライバル意識を燃やします。それ以上に紅緒を愛するようになって来た恋敵とも見るようになったのです。

最初は少尉が許せない冬星ではありましたが、少尉が行方不明になっている間、青江銀行から借金をしていた伊集院家が差し押さえられ、少尉の危機を救おうと、冬星は冗談社をたたんで、銀行家を継ぐと言いだしました。

紅緒は冗談社の編集長の仕事を心から好きだった冬星に対して、それは本心ではないと見ぬき、伊集院家を救うことが少尉への手助けと自分自身への愛情だと分かりました。そして紅緒は衝動的に冬星のお嫁さんになると言いだします。

冬星は紅緒の申し出を受け入れて、結婚式をあげますが、運悪くその日は関東大震災に襲われてしまいました。ですから一気に冬星と紅緒の結婚式は震災でぶち壊されてしまい、紅緒は大火事に巻き込まれて行方不明に。

冬星はすぐに紅緒を救助に向かおうとしますが、両親に反対されて大勢逃げていく市民の列にまぎれてしまいます。その間にライバル少尉も紅緒を助けに馬を走らせていました。

家族からうまく抜け出した冬星は、紅緒を助けに向かいました。燃え盛る現場で偶然鬼島と環に会った彼は、少尉もまた紅緒を助けにきたことを聞かされ、またライバル意識が高まります。

一足早く紅緒を見つけた少尉は燃え盛る炎の中で、お互いの愛を確かめあいます。やはり紅緒自身も冬星の愛より少尉の愛の強さを選び、冬星に心から詫びました。

そんな時に冬星は紅緒を発見!逃げる紅緒に「俺と逃げるよりも伊集院とここで死ぬことを選ぶのか?」と聞くと紅緒はうなずきます。ここで冬星は完全に少尉に負けた!と感じ、しまいには「伊集院と幸せになれ。もう決して話すんじゃないぞ。」と言い残して立ち去りました。

少尉との恋敵はここで終結を迎えて、冬星は敗北を認めてまた新しく冗談社を立ち上げることとなりました。

許嫁・伊集院忍!紅緒にはもったいないくらいのイケメン帝国陸軍少尉

ヒロイン紅緒の許嫁の伊集院忍とはどんな男性なのでしょうか?紅緒はいつも「少尉」と呼んでいましたので、少尉として色々ご紹介していきましょう。

まず少尉の両親はすでに他界しており、父親は伊集院伯爵家の息子、そして母親はドイツ人でした。少尉の両親はドイツ人の母の家族が日本人の男性と結婚することを強く反対し、結局結ばれることなく、少尉を授かった後、別の貴族に嫁いでしまいました。

少尉の父は赤ちゃんだった少尉を自分の実家の伊集院家に預けて、外国留学してその後病気で亡くなりました。少尉は両親の愛情を全く知らずに祖父母に育てられました。

でも少尉は両親がいなくても祖父母の愛情をたっぷり受けた男性ですので、ちっともひねくれたり、性格が悪いわけでもありません。祖母の影響からか、穏やかで常に優しい男性に育ちました。

少尉の特徴は「笑い上戸」です。桜並木を自転車で走ってきた紅緒の鼻に毛虫がのっかり、自転車ごとひっくり返ったのが初めての出会いでした。そこで少尉は笑い上戸を発揮。以後も同じ状況は見られます。

ですが少尉は伯爵家育ちのおぼっちゃんの割には非常にたくましく、紅緒の家に来て、剣道で争った時は互角の腕前でした。紅緒の相変わらずのお転婆、男勝り、酒乱に振り回されても、彼女が伊集院家に見習い花嫁にきた時には、自分の家のしきたりを変えていく紅緒に魅かれて愛するようになりました。

しかし、紅緒と少尉がお互いに愛しあう傾向にありつつ中、紅緒は運悪く少尉の上官と酒乱が原因で喧嘩してしまいました。印念中佐は特に相手に対して強く根に持つ厄介な男で、元々気に入らないとされていた少尉を遥か遠いシベリア出兵させてしまいました。

自分のせいで少尉がシベリアに行かされてしまった紅緒は禁酒しますが、舞踏会で飲んだジュースのつもりがシャンペンだったので、禁酒の誓いは崩れてしまい、またもやそこで酒乱騒動を起こしてしまい、それがたたったのか少尉は1人取り残された仲間(後の部下の鬼島)を助けようとして、運悪く敵兵に襲われて命を落としてしまいました。

例え遠く離れても少尉の頭の中には紅緒のことで一杯でした。こんなに相思相愛になったのに、伊集院家には戦死の知らせ。でも紅緒は少尉が死んだ証拠がないので、それでも生きていると信じます。

シベリアで死んだと思われた少尉は、実はラリサという女性に助けられ、一命をとりとめました。ですが意識を取りもどした時の少尉は記憶喪失だったので、ラリサは自分の夫が少尉に瓜二つなのをいいことに、「あなたはサーシャ・ミハイロフ公爵よ。」と言い聞かせます。実はラリサの夫・サーシャ・ミハイロフは少尉とは異父兄弟であり、サーシャの母こそが少尉の母でもあったのです。

これこそが運命のいたずらとも言えます。日本へ亡命したラリサは少尉をサーシャ・ミハイロフ公爵にしたてあげ、姿を現します。取材にたまたま来ていた紅緒は「もしかして少尉?」と驚きますが、記憶喪失の少尉には紅緒のことは分かりませんでした。

日本に戻ってきてからの少尉は、記憶が戻ると自分の周りの現状に驚きました。伊集院家は少尉の戦死によって財産を失い、残された紅緒が伊集院家を必死に守ってくれてた事でした。

少尉の苦悩はやはりラリサにありました。彼女は自分の命の恩人でもあり、他に頼れる人のいないラリサを見殺しにはできないなど、相変わらずの少尉の優しさもうかがえます。

しかし恐ろしい関東大震災をさかえに、少尉と紅緒の運命は一転し、2人は結ばれました。そして2人の間には可愛い男の子が誕生し、春星と名付けられました。

1 6 7 8 9 10