ガラスの仮面の男性版重要人物は、何といっても大都芸能の若社長の速水真澄です。この速水真澄、父英介の後継者にはなっていますが、英介は実父ではなく、真澄の母の再婚した継父だったことが判明しています。

幼少時代は継父の英才教育を受け、将来の大都芸能の社長の後継者としての躾を叩き込まれました。ですが継父からは本当の愛情を受けたことが無く、只ひたすら仕事のことしか頭にない継父に対して真澄は憎しみさえ抱くようになりました。

ですが継父の「紅天女」の話を聞いたり、上演権を譲らない月影先生のことを知ると、真澄自身がそれを全部継父から奪い取ってやる復讐心が燃えていました。本当の愛情というものを知らずに育った真澄はいつしか継父のように仕事の鬼になっていました。

常に誰にも心開かず、芸能人は皆商品扱いといった、何とも冷たい男性のように思えました。でもそんな真澄が急に優しさを取り戻したきっかけと言えば?

北島マヤとの出会いです。彼は「若草物語」で高熱でありながらも演じるマヤを見て、「どうしてこうも演技に夢中になれるのか?」と驚きを隠せませんでした。そして今までの自分のやってきたことにいささか疑問を感じるようになり、マヤに魅かれて行きました。

そして「紫のバラのひと」として、真澄は影でマヤを援助したり、応援するようになります。それを知らないマヤはいつも真澄に対しては憎まれ口をたたいていましたが、真澄はマヤの演劇に対する情熱がいつしか愛情に変わっていったのを自覚するようになりました。

演劇の勉強をさせるために高校へ進学させたり、月影先生の入院費を出すなど、真澄はどんどんマヤを助けて行きました。マヤも見知らぬ「紫のバラのひと」には感謝し、いつしか逢いたいと心から願いますが、真澄は名乗ることはしませんでした。

突如継父から、縁談の話が持ち込まれた時には真澄は動揺しました。お見合い相手の鷹見紫織は「真澄さま」と慕うようになり、真澄も紫織と交際していくうちに一度は魅かれましたが、やはり真澄の心にはいつもマヤが潜んでいました。

ですが「紫のバラのひと」=速水真澄とマヤに気づかれてしまうんですね!「忘れられた荒野」でオオカミ少女を演じたマヤが「紫のバラの人」が見に来ると喜んでいました。ですが大事な公演の日に台風になってしまい、それでも真澄はマヤの演じるオオカミ少女が見たくて台風の中たった1人で見に来ました。

その時にたまたま使うはずだったスカーフが台風で濡れて、代用のスカーフでオオカミ少女を演じたマヤでしたが…数日後真澄に代用のスカーフで演じた時の演技は素晴らしかったとマヤは誉められましたが、いつも使っているスカーフとは違っていたことに気づき、あの時の観客は真澄だったこと、そして紫のばらのひとだと彼女自身が気づいてしまいました!

いつも陰で応援して、たった1人のファンだったその人がいつも憎んでいた速水真澄だったとは!と衝撃を受けるマヤでした。

紫のバラのひととして、いつも影ながらにマヤを見守っていた真澄は、紫織との交際をしつつもやはり自分の愛はマヤにあると目覚めて、彼自身の中に愛情がどんどん深くなっていくのも分かりました。

そして紫のバラのひとが真澄だと気づいたマヤも、いつしか彼を意識して好きになっていきました。

相思相愛になりつつあるマヤと真澄ですが、今後はどんな運命展開していくのか楽しみです。