マヤの師匠・月影千草!紅天女を演じられるたった1人の大女優!

月影先生と言えば、マヤの演技の才能を最初に見出した女性です。不慮の事故で顔に重い傷を残したことで女優生命を絶たれてしまった彼女は、自分が演じてきた「紅天女」の上演権を持っており、大都芸能がそれを狙っていてることを知りつつも、絶対に譲ることはしません。

「私が上演権を譲れるのは、紅天女の後継者が決まるまでよ!」と月影先生は自分の後継者に相応しい役者を長い事探し続けてきました。とある公園でマヤが小さい子供たちにテレビドラマの話をしながらも、その役者になりきっているのを発見し、「見つけた!私の宝物。」この瞬間、マヤが紅天女に相応しい子だと見出します。

その後はライバルの姫川亜弓も、紅天女候補として挙げています。そして2人を戦わせ、どちらが本当に相応しいのか決めている最中です。

ではこのマヤの師匠の月影先生が若い頃、紅天女を演じるほどの大女優になれたのはどうしてでしょうか?その過去をさかのぼりますと?月影先生は子供の頃尾崎一蓮の出会いで、大女優になれたのです。

尾崎一蓮とは、紅天女の作者でもあり、月光座の座長を務めていました。月影千草と芸名を付けたのも尾崎一蓮です。月影先生の本名は名字は分かりませんが、下の名前は千津でした。

千津は孤児であったため、小さいながらも盗みを働いていました。そこを目撃、助けたのも尾崎一蓮であり、千津を引き取って女優として育てて行きます。太平洋戦争後、幻の名作・紅天女の物語を書き、月影先生に紅天女に相応しい女優としての指導をします。

日ごとに美しくなっていく若き月影先生は、段々尾崎一蓮に愛されていくようになり、また彼女も彼に魅かれて愛し合うようになりました。一蓮の執筆した紅天女は大成功をおさめ、また月影先生も大女優として成長を遂げました。

そして尾崎一蓮と月影先生はついに結ばれました。ですが大都芸能の執拗な嫌がらせのため、一蓮は自分の持ち手であった月光座を手放し、紅天女の上演権を月影先生に託して自殺してしまいました。

ですから本当の紅天女の上演権の持ち主は、尾崎一蓮だったというわけです。その彼の遺志を継いだのが月影先生なんです。折角一蓮と結ばれながらも、自殺に追い込んだ大都芸能が許せない…それが真澄の継父・英介で、尾崎一蓮と月影先生の敵でもあったということになります。

月影先生はそんな暗い過去があったのですね。ですからいつもしつこく大都芸能に紅天女の上演権を譲る話を迫られても頑なに断り続けていた理由がはっきりとしました。

月影先生は心臓病を患っていますので、何としてでも自分の命があるうちにどうでも紅天女の後継者として、マヤと亜弓を選んだのです。

元大女優として、私の代わりに見事な紅天女を演じて欲しい!月影先生はマヤと亜弓に厳しい特訓を梅の里で受けさせました。それほど紅天女は難しい役で、育て上げるまでには相当時間がかかっています。

女優とは、今その瞬間を役になりきって演じるとても大事な仕事です。常にテレビや周囲から見られ、どのように評価されるのかが実に見ものです。

そういうことになりますと、マヤは本当にいい演劇の指導者に出会えて幸せだと言えます。

マヤの母親・北島春!仕事が忙しく、一人娘を誉める余裕がなかった

ガラスの仮面のヒロイン・マヤの母親の北島春は、夫に先立たれてから中華料理店の住み込み店員として働いていました。ですからマヤの頭には父親の記憶はありません。

1人娘を育てるために、春は一生懸命働きました。小さかったマヤもそんな母親の手伝いをしながら小学校、中学校に通っていました。

マヤがテレビドラマが好きで夢中になって見ていると、「何だい、またドラマなんか見て。そんな暇があるんなら勉強するか、母さんの手伝いでもしな!」と叱りました。父親のいないマヤは母親1人の手で育てられて横浜で暮らしていました。

ある日、中学校の出し物で演劇をすることになったマヤのクラスは、マヤが日頃から演技が上手なことを皆が知っていたので、演劇に出すことを推薦します。早速母・春に学校の演劇に出ることをマヤが報告すると、「へえ~、お前が劇に出るなんてねぇ。」と一度は喜びます。

ですが数日後マヤが選ばれた役は、ビビという名前の貧乏で間抜けな人間の役でした。春は「ふふ、お前のやる役なんて所詮そんなものだよ。」とけなしてしまいます。でもマヤは月影先生から「この劇では一番難しい役だ。」と言われ、どうやったらビビになりきれるのか考えるようになりました。

いよいよ学校の出し物の当日が来て、マヤは春に「母さん、お弁当持って私の劇見に来てね。」と言います。しかし春は弁当を用意しながらも、自分の娘がみっともない役で皆の笑いものの種にされるのかと思うと何とも恥ずかしい、情けない気持ちになってしまいました。そして弁当を中華料理店の娘・杉子に託してマヤの劇を見に行くことはしませんでした。

その頃学校で春が来るのを待ちわびるマヤでしたが、時間になっても母さんは来ません。悲しくなるマヤ。そしてとうとうマヤの出番が来ました。マヤはビビの仮面をかぶり、見事に演技きり、会場の観客に拍手喝さいを浴びました。

その頃春はそうとも知らずに店の掃除をしていました。通りかかった人から、「マヤちゃん、上手に演じたわよ。」と聞き、春は驚きました。「マヤが…まさか、あの子が!」

その後しばらくしてマヤは、春に女優になりたいことを打ち明けます。ですが春は「女優になるだって?そんな夢みたいなこと言ってるんじゃないよ!お前にそんな能力なんかありゃしないよ!」とこれまた娘を否定します。

マヤは確かに美人ではないし、学校の成績もよくありません。でも月影先生の助言で家出同然で、マヤは劇団つきかげに入団。春は月影先生がマヤをそそのかしたと思いこみ、無理矢理マヤを連れ戻そうとしますが、「母さん、どうしても私、お芝居がしたいの!」「そうかい!もうお前みたいな娘はいらないよ!」と春は姿を消してしまいました。

マヤの母親・春は女優になりたいなどど夢みたいなことを言った娘がどうしても許せませんでしたが、結局許すこととなり、月影先生にお詫びの手紙とマヤをよろしくと綴りました。

やはり母の手1つで育ててきた春は、毎日仕事、育児と時間に追われていたので、マヤの隠れた才能を見出すことまでは出来ませんでした。忙しすぎて自分に余裕がなく、マヤを叱ってばかりいましたから。

マヤが出て行ってから2年後、春は結核を患い、中華料理店の住み込み店員を辞めさせられてしまい、サナトリウムに向かう列車の中で週刊誌に載ってるマヤを発見しました。丁度「嵐が丘」の主人公キャサリンを演じた時のマヤの姿に春は驚き、初めて娘の才能を誉めるのでした。

ですが春は元気なマヤと再会を果たすことなく亡くなってしまいました。

少尉の命の恩人ラリサ!紅緒にとっては邪魔な存在だった?

足を怪我して動けなくなった鬼島を助けようとして、運悪く少尉は敵兵に襲われ、刺されて崖から突き落とされてしまいました。そして一度は戦死と伝えられ、紅緒は少尉の葬儀の時に「軍人の妻の証」として母の形見の白い喪服を来て、長い髪を切り落とし、一生誰にも嫁がないと誓います。

そして少尉の亡きあと、伊集院家を守るために働きます。

その頃ロシアでは日増しに戦いが酷くなり、大雪の中を逃げ惑う貴族の姿がありました。女性の名前はラリサ。吹雪の中、倒れている男性を見つけます。ラリサはハッとして途中ではぐれた夫のサーシャではないかと思うのでした。

ですが人違いだとすぐに判明しました。サーシャは敵の御取りになって、すでに殺されてしまいました。でもあまりにも夫に瓜二つ!ラリサは倒れているこの男性がサーシャに似ていることから、亡くした夫の身代わりにしようと考えだすのでした。

それが少尉だったのです。少尉は敵兵に刺された時の大けがと崖から突き落とされたショックで記憶喪失になってしまい、ラリサは少尉の記憶喪失を利用して「あなたはサーシャミハイロフ公爵。私の愛する夫です。」と教えます。

少尉を自分の夫に仕立て上げることに成功したラリサは、彼を同行させてロシア亡命から逃れるために日本へやってきます。ですがすぐに紅緒に死んだ少尉に似ていると気づかれてしまい、近づいてくる紅緒を疎ましく思うのでした。

サーシャと日本で暮らすことにしたラリサは、狸小路の屋敷に滞在します。そして日本語の勉強をします。でもこの時ラリサは日本語ペラペラでしたね。何処で覚えたんでしょう。そんなに日常会話が出来るほど上達が早かったのでしょうか。

記憶喪失だった少尉は、紅緒との再会で「あの子どこかで見たことがある。」と思いだそうとします。ラリサには少尉が記憶を取り戻すのが一番怖く、そして紅緒が奪い去っていくのではないかと不安を感じていました。

ラリサはその後結核を患い、寝込んでしまいます。重い病気ですっかり気が弱くなった彼女は少尉に頼り切ります。

その頃少尉は日本にやってきた鬼島と偶然再会し、その時には記憶がすでに戻っていました。鬼島は紅緒のために名乗ってほしいと頼みますが、今はそれが出来ません。理由は自分の命を助けてくれたラリサを見殺しには出来ないと思ったからです。

ラリサはサーシャが殺された代わりに、少尉を放そうとせず、紅緒の前では「あの人は私がいなければ死んでいた。だから私のものよ。」と言います。病魔にむしばまれていく彼女はいつしか少尉を死んだ夫に重ねながらも、愛し始めていました。

少尉が記憶を取り戻しても、「あの人はサーシャ!私の夫です。」と言い張ります。まあ何と言いますか往生際が悪いですね。

紅緒が本当に少尉が自分の元に帰ってきてくれたんだと喜びますが、どうしてもラリサがネックとなり、三角関係になりかけました。

そして一度は他人の夫の身代わりになった理由で少尉を嫌いになった!と紅緒は伊集院家を出て、実家に戻ると少尉はラリサを伊集院家に向かえて療養させます。

紅緒への愛情は変わらない少尉でしたが、何処にも行く当てがないラリサも見捨てることが出来ず、苦しんでいました。一度は本当に身を引く決心をした紅緒ではありましたが。

ラリサは紅緒にとっては邪魔な存在で、折角生きて帰って来た少尉になかなか近づけませんでした。でもラリサはそんな少尉を助けてくれた恩人で、感謝すべき女性でもありました。

でもラリサ自身も少尉を自分の夫の身代わりをさせたことは反省していました。ですから根っからの悪女ではありません。

少尉の部下鬼島軍曹!遥か遠いシベリアの空の下で誓い合った友情!

印念中佐の企みにより、九州の小倉からシベリアに送られてしまった少尉は紅緒と折角愛しあえるようになったのに、無残にも引き裂かれて辛いながらも紅緒との手紙のやり取りをしていました。

紅緒の手紙を読んで笑っている少尉の姿を見て面白くない集団がいました。それは小倉連帯の隊員たちです。どの男性も不良っぽく、ヤクザまがいの仲間はずればかり。その部下たちを少尉が隊長として仕切ることになりました。

その中に鬼島軍曹の姿がありました。鬼島の顔には頬に切り刻まれたような傷跡、そして左目は失明し、何とも怖いつらの顔立ちをしていました。実は鬼島は幼いときに両親を亡くし、田舎の親戚の家に引き取られていましたが、彼の母親が芸者だったので、「芸者の子供」として親戚からは疎ましい存在であったのです。ですから近所の子供達からも「芸者の子供の森吾!」とバカにされ続けて辛い幼少時代を過ごしてきました。

森吾とは鬼島の下の名前で、フルネームは鬼島森吾です。物語では鬼島軍曹と呼ばれており、詳しい本名までは触れられることはありませんでした。

鬼島が幼少時代にある男性を長い事待ち続けている若い女性「ゆきの」に母親の面影を重ねていました。ですがこのゆきのという名前の女性は女郎だったのです。昔女郎は世間からとても白い目で見られる職業で、当然小さかった鬼島にはそのことは理解出来ず、ゆきのと付き合っていました。

ですがそのゆきのが雨の中を逃げ出した時に、村人たちから追いかけられ、それを阻止しようとした鬼島が村人に突き飛ばされて、運悪く鋭く突き出ていた木の枝に左目がささってしまい、大けがをしたのが原因で失明してしまい、頬にも傷跡が残りました。

女郎の逃亡は大昔は罪であり、鬼島の前でゆきのは自殺を図ってしまいました。ですからその後の鬼島は今で言う不良少年になってしまったのです。

最初は東京から来た少尉を「どうせ根性のないおぼっちゃん将校だろうぜ!」とバカにしており、昼間から日本酒を飲むなど、仲間とわざと少尉に対して言うことを聞かないことをしていました。「気に食わない野郎だぜ!」と少尉を嫌っていました。

部下が言うことを聞かない少尉は、鬼島と喧嘩になり、その仲間たちまで加勢しようとする卑怯な手段を取ります。そんな時にシベリア本部の上官に喧嘩を阻止され、少尉は隊長として上官に殴られます。

鬼島は「喧嘩のこといいつけてもいいんだぜ、少尉さんよ。どうせ俺たちは嫌われ者のならず者だからな。」でも少尉は決してこれは喧嘩じゃなく、戦いに向けての練習だと言い張ります。つまり少尉は部下たちを庇ったのです。

その言葉が原因で、少尉の連帯はシベリアの前線への戦いに送られる羽目になり、これがきっかけで鬼島をはじめとするならず者隊員たちは少尉を見直し、隊長として認め、敬礼をします。

そして鬼島と少尉の間に友情が生まれたのです。遥か遠いシベリアの空の下で。

シベリア前線に送り込まれた少尉とその隊員たちは、何とか無事に日本へ帰れるために戦い抜こうと誓い合います。鬼島はそんな少尉を信じ、少尉もまた鬼島を信じ、2人は固い絆で結ばれました。

ですがコサック兵との戦いで、鬼島は銃で足を撃たれてしまい、動けなくなってしまいました。1人の隊員でも見捨てることの出来ない少尉は鬼島を助けに向かいましたが、運悪くコサック兵に襲われて刺されてしまい、突き落とされてしまったのを目の当たりにし、その後逃亡兵としてまたもや悪人に戻り、満州で馬族になってしまいました。

ですが偶然満州で紅緒と出会ったことで改心しました。

1 2 3 4 5 10